So-net無料ブログ作成

2018 終戦記念日 [その他]

今年も8月15日がやって来ました。
1年365日のうち、最も象徴的な日―それが今日、終戦記念日。
新生ニッポンが失意のスタートを切った日―それが今日、8月15日。

今日は平日だったので、普通に勤務でした。
ぼくの勤務先にはお盆休みという概念はないので、8月15日が平日なら
家族の初盆でもない限り、事務所のデスクに座ることになってます。
というわけで、正午の黙祷はできませんでした。
誠に申し訳ございません、恩人である英霊の皆さま!

IMGP0053rr.JPG
(読み終わった『ポツダム宣言』とまだ読み終わってない『8月15日の特攻隊員』)

普段の日常で、戦争と平和なんて、ほぼ考えることはありません。
極論すれば今日8月15日だけじゃないかあ、それを考える日って。
だから貴重な日なんですね。そんな人、きっと多いことと思います。
1年に1回だとしても、戦争と平和について思いを巡らすことって
今のぼくたちにとって、すごく重要なことではないでしょうか。

幸いなことに、今年は終戦記念日を「敗戦記念日」などと言いたがる
百叩き級の不埒な輩は減ったように思います。
少なくとも今日一日、ぼくの目や耳には「敗戦記念日」という5文字は
入って来ませんでした。
ひょっとしたら、これ、ここ数年で初めてのことかもしれません。

一方、いまだに閣僚の靖国参拝をニュースにしたがる低能マスコミは
相変わらずです。一体どのような意図があって靖国参拝にスポットを
当てたいのか、ぼくにはまったく理解できません。
日本人なら靖国参拝は当たり前の話。どこが問題なのか?
ひょっとしたら、彼らは日本人じゃないのかもしれません。
そう考えれば、少しは理解に近づける気がします。

今日のぼくたちのために、戦禍に散った勇敢だった英霊の皆さん。
本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。
ぼくたちは間違っても英霊の皆さんの思いを無にしないように
これまでも、これからも、ずっと平和を守って行きます。
どうか天空から見守っていて下さい。
nice!(59)  コメント(26) 
共通テーマ:blog

nice! 59

コメント 26

藤並 香衣

我が家の家族も、僕以外は普通に仕事でした

藤並家の菩提寺の先代ご住職は戦争体験者で
時間があるときには檀家参りの合間に当時の話を
してくださいました
空軍所属で、8月15日に終戦していなければ
「次はお前たちが出撃だ」と言われていて
いつ命令が下されるかと夜も眠れなかったそうです
戦争が二度と起こらないように皆で努力ですね

by 藤並 香衣 (2018-08-16 00:55) 

mutumin

私の父も戦争に行きました。あまり話さないけど、二度と起こてはいけないという事だけは父の寡黙さから読み取れます。
私達は戦争を体験してないけど、戦争に行った人の生の声を聞いています。けど、私達後の人たちは少しずつ薄らいで行ってると思います。
私達が止めないといけないような気がしてなりません。
by mutumin (2018-08-16 08:43) 

まつき

日本の為にと散って行った先人達に手を合わせる事は、
そんなに「悪」なんですかねぇ(-_-)
低能マスコミにとって靖国参拝は戦争万歳!と言う意味合いを
持つんでしょうかねぇ(-_-) 私も全く理解できません。。。
by まつき (2018-08-16 10:29) 

song4u

■藤並 香衣さま
 そうなんですよね、最近は昔に比べてお盆の勤務率が
 随分あがった気がします。みんな休めばいいのに。

 戦争体験者の方々のお話は貴重ですよね。
 もう終戦から70数年も経ってしまっているから、
 聞けないですよね、実体験のお話は。

 「次はお前たちが出撃だ」
 でもね、実際に出撃できたかどうかは極めて怪しい。
 というのも、終戦間近の頃、特に航空機はまともに
 使える機体なんてほとんど無かったそうですから。
 機銃掃射への備えをまったくしていない機体で戦った
 英霊の皆さん。本当に感謝しかありません。

■mutuminさま
 戦争の話はおふくろとしかした記憶がありません。
 なぜかおやじとは戦争の話にならなかったなあ。
 どうしてなのか理由は分からないんですけどね。

 おふくろは、水上機のフロートを作ってたと言ってた。
 あの当時の武雄市にそんな工場がどこにあったのかと
 思うけど、来る日も来る日もフロート作りだったと
 言ってたもんなあ。
 戦争賛成なんてヤツはいませんよ。
 戦争したらどうなるか、そんなことはみんな分かってます。
 ぼくは案外、心配は要らない気がするんだけどなあ。

■まつきさま
 「悪」のわけないじゃないですか!
 低能マスコミ≒特亜三国系・・というだけの話ですよ。
 ぼくはそう解釈することに決めました。
 そのほうが健康的だからね。ノーストレスですから。

 そう言えば、今、気がついたんだけど、よくよく考えたら
 ぼくは靖国神社に行ったことがありません。
 これはいかんなあ。日本人としてあるまじき行為だ。
 次回出張時に、何とか時間が作れるといいけどなあ。
 ・・なんて言ってるようじゃ駄目だよね。反省(笑)
by song4u (2018-08-16 23:22) 

don

こんにちは~
マスコミには10%ほど在日の人がいます(真偽は不明)。
元はGHQの方針でスパイで入り込ませて、戦後ずっと続いてる。
ここ10年、そういうのがネットでバレてきて。
マスコミが「反日という悪意」を持った人たちというのがわかった。

採用方針変更して、血が入れ替わらないと変化しないでしょ。
なかなか難しい問題ですよね。
外国人比率はもっと高まりそうだし。
by don (2018-08-18 10:49) 

song4u

donさん、こんばんは。
マスコミと芸能界の在日率、感覚的には10%どころの話じゃ
ないように思いますね。
良い悪いは別にしても、あまり気持ちの良いものではないし、
特に、今のマスコミのように「反日という悪意」を持った
人たちが意図的に偏向ニュースを作り上げている状況はとても
看過できないし、看過して良いわけもありません。

しかし有効な打開策は少ない、というのが現状ですね。
本当はネットがもう少しマトモになってくれれば良いけど、
これはこれで匿名性に足を引っ張られるケースが目立つ。
ごちゃごちゃのグタグタは、ひどくなることはあっても
改善される見通しは暗いと言わざるを得ません。
個々の見る目を研鑽するぐらいしか手が無さそうです。
ま、何にしても、最後はそうなっちゃうと思うんだけど。
by song4u (2018-08-18 22:07) 

ゲンさんおかさん

両親とも下町育ちです。
酷い空襲に遭い、
炎に追われた人たちが
うちの近所の川に入りましたが、
その人たちの頭を炎が舐めて、
対岸に火が移って行ったと、
亡くなった母が言っていました。

駅前のガードも、
あまりにも沢山の人が焼かれたので、
その脂が浸み込み、
何度塗り替えても脂が浮き出てくるとも
言っていました。
そんな恐ろしい体験を
自分の母がしていたなんて驚きですが、
聞いたのは一度きりでした。
戦争の話は二人とも
あまりしなかったです。
by ゲンさんおかさん (2018-08-19 00:01) 

song4u

おかさんさま、
コメントありがとうございます!

ぼくの両親は昭和4年と5年の生まれで、ともに田舎育ち
(父は福岡県久留米市、母は佐賀県武雄市)。
戦時中は2人とも血気盛んな10代前半という時期でした。
今で言えば中学生ぐらいの感じでしょうかね?

母から戦争の話はよく聞きましたが、空襲サイレンが鳴ったら
防空頭巾をかぶって防空壕に逃げたとか、本土決戦に備えて
竹槍の訓練を受けたとか(竹槍って^^;)、水上機のフロート作り
ばかりで面白くなかったとか、鬼畜米英とか(笑)そんな話が主で、
切迫感のある話の記憶は正直なところあまりなくて。
一方、父のほうは軍需工場のある製造業の街・久留米だったから、
空襲はかなり頻繁だったと思うのですが、何せ父と戦争の話を
した覚えが全然ありません。
だから、生々しい話はほとんど聞いていないというのが、
ほぼ事実に近いと感じています。

その点、東京は日本の一番の標的だったと思うし、かの有名な
東京大空襲で一面が焼き野原になってしまったのでしょうから、
広島や長崎に匹敵するような凄まじいものがあったのだと思います。
だから、ご両親ともあまりお話されなかったんじゃないのかなあ?
何となくだけど、ぼくはそんな気がしました。

いずれにせよ、次に世界戦争が起きてしまったら地球は終わりだと
誰しもが分かっていると思います。
やはり最も怖いのは、無差別テロではないでしょうか。
by song4u (2018-08-19 11:49) 

yakko

こんばんは。
再開しました。よろしく願いいたしますm(_ _)m
何故か2枚も作ってしまいました( ; ; )
by yakko (2018-08-19 19:03) 

song4u

yakkoさま
再開、ありがとうございます!
何もできないくせに、どうされたのかなあと心配してました。
何事もなくて良かったあ♪

高知の夏はどうですか?
猛暑と台風。くれぐれもご自愛を。
by song4u (2018-08-19 19:58) 

non_0101

私も出勤でした(-_-)
でも、うちの会社は毎年正午に黙祷します。
社内アナウンスで☆
by non_0101 (2018-08-19 20:38) 

song4u

ご同輩のnonさま、
コメントありがとうございま~す!

そうでしたか、お盆期間中の出勤♪
あ、でも、15日の正午に社内アナウンスで黙祷するなんて、
それを聞いただけで会社の実直さがよく分かりますね。

そんな素敵なエピソードを持つ会社、初めて聞きましたよ。
さすがはnonさんが選んだ会社だけのことはありますね。
ホント、素晴らしいにも程があるっ!!
by song4u (2018-08-19 21:40) 

はなだ雲

そういえば2.3年前の8月15日に
新宿住友ビルにある平和記念展示資料館へ行ったのですが
ちょうど正午に館内にアナウンスが流れ
外国人観光客も含めみんな一斉に1分間黙とうしました
by はなだ雲 (2018-08-20 03:33) 

song4u

はなだ雲さま
こんばんは~♪
新宿住友ビルって、例のアトムのビルでしたっけ?
あそこに「平和記念展示資料館」なるものがあるんですか!
そりゃすごいなあ。

場所の広さや、頭数の多い少ないは関係ないんです。
その場にタマタマ一緒に居合わせた人たちが、心をひとつにして
静かに英霊に安眠の祈りを捧げることが、何事にも代えがたい
本当に素敵なことだと思うわけです。
もっと言えば、その延長線上にこそ、平和の誓いというものが
あるんじゃないか。ぼくはそう思うんですけどね。

雲ちゃんも一緒に黙祷を捧げてくれたんですね。
ありがとう!(・・・ってぼくが言うのもヘンだけど^^;)
by song4u (2018-08-20 21:19) 

hana2018

今年も8月は、 songさんの「終戦記念日」記事のアップがおありでしたのね。
スッカリ出遅れました~~
今年の我が家も8月15日は息子家族が帰省中にて、日々炊事、洗濯、掃除にあけくれて、黙祷はおろか、気づく間もありませんでした。なんちゃって!?
ホントはテレビも見ないし、新聞を広げる間もなく、ましてPCをのぞくなど出来なかっただけなのですが。。
>普段の日常で、戦争と平和なんて、ほぼ考えることはありません。
でも大丈夫、私はちゃんと本を読んでいるから…これまたチョッと怪しいですけどね。
年若く結婚をし、母が21の時に生まれたのが私です。だから両親とも戦中、戦後とまだ子供と言っていい年頃でした。それでも川口から都内へ通院していた祖母と叔母=母の妹は空襲にあい連絡が取れずに、一時は生死が危ぶまれたとか。
靖国参拝は当然の事であり、そうしたからって誰も戦争に賛成なんて言ってもいない、思ってもいないのは当然の事。
私には何が何でも「「反日」に結び付けようとしている、偏向したメディアの在り方の方がずっと危うく思えてなりません。
songさんのブログから「終戦記念日」記事を遡ってみましたら、2011年から毎年書かれているのですね。
そして驚くべきことに、それ以前はブロガーらしくマメな更新もなさっていた(笑) お付き合いする以前の、そんな楽しい発見もありました。
by hana2018 (2018-08-20 21:58) 

yoriko

今の日本には戦争を経験していない人がほとんどだと思いますが
戦争を知らない私たちの世代でもテレビや新聞等で戦争がいかに悲しい歴史を作ったかを訴えています、知らない世代でも戦争の恐ろしさは十分に理解していると思いたいです・・。
靖国神社には祖父がいます.
戦死した時国からは立派な勲章が贈られました。
真ん中に大きなルビーが付いているものです
小さい時母がこれは大きくなったらあなたにあげるから
ネックレスと指輪を作るといいよと大事そうに話していました
お仏壇の中にしまってあった勲章を時々出してみては大きくて綺麗な色だな、これがルビーというものなんだと感動したものでした
母が亡くなりそういえば勲章があったっけそのままにしておくより形にして身につけたほうが祖父も喜ぶのではないかと思い
リメイクをお願いしに持って行ったら貴金属売り場の方が
気の毒そうにモジモジとこれはルビーではないのでリメイクは難しいです・・・と「私は、はっ?」
よくお話を聞くとセルロイドのようなものなので熱を加えると溶けると(笑)
帰宅して勲章の種類を調べたらまさに偽物でした^^;
当時、戦死した人に配ったものですから考えてみればあれほど大きなルビーを用意することなどできるはずもなく・・。
ルビーだと思い込んでいた母が真相を知らなくて良かった
そして何十年もルビーだと信じていた私もかなりのショックでした。
戦争と聞くとあの時の立派な勲章を思い出します
その勲章今でも持っていますが捨てるわけにもいかずだからって家宝にすることもなんか違うしと複雑な思いです
ですがモノはどうであれ祖父の形見です。


by yoriko (2018-08-21 22:17) 

サンダーソニア

当日は気が付けば 黙とう時間を大幅に過ぎていて慌てました。

by サンダーソニア (2018-08-22 01:30) 

song4u

■hanaさま
 毎年、気合の入ったコメントありがとうございます!
 8月15日は主婦仕事で手いっぱいだったとか?
 それはある意味、理想的な終戦記念日の過ごし方だったの
 かもしれませんよ。何故って、それが最も幸せな家族の
 あり方だと思うからです。すべての家庭でそんな日常が
 続いていれば、戦争なんて起こりっこない。
 そんな気がしますけどね、ぼくは。

 >靖国参拝は当然の事であり、そうしたからって誰も戦争に
  賛成なんて言ってもいない、思ってもいないのは当然の事

 まったくその通り!
 しかし、笑っちゃうほど魂胆がミエミエだから、今や誰も
 見向きもしなくなったのではないかと思いますね。
 「〇〇を許さない」が座右の銘らしい一部の方々を除いて。
 ま、主義主張は自由におやりになれば良いですが。

 >それ以前はブロガーらしくマメな更新も

 マメに更新していた時期、あれはブログじゃなくてね、
 「ソネットフォト」と言っていたのですが、今で言えば
 インスタグラムのように、写真に短いコメントをつけて
 発信するサービスが、昔、曽根さんにはあったんですね。
 今は終わってしまったサービスなんですが、曽根さんが
 コンバートをサポートしてくれたので、今はブログの体裁
 になっておりますが、あれは実はブログじゃないんです。
 純粋にブログとしてアップしたのは200記事もありません。
 だから、このブログの記事数500はインチキなんです。
 まったく、お恥ずかしい限りです^^;
by song4u (2018-08-22 22:34) 

song4u

■yorikoさま
 コメントありがとうございます♪

 もうそんなに遠からず、いずれは戦争を知らない世代だけの
 世の中になってしまうと思います。
 まさに時間の問題だと思いますが、そうなったからと言って
 ぼくには戦争勃発の危険性が急に高まるとは思えません。
 なぜなら、戦争の悲惨さを伝える資料は、以前よりも飛躍的
 に身近な存在になっているし、その傾向は今後一層強くなる
 であろう実感を持っているからです。
 ですからぼくは、戦争体験の有無が戦争回避に決定的な材料
 であり続けるとは考えていません。
 いや、正確に言えば、そう願ってるということですけどね^^;

 おじいさま、靖国神社に眠っておられるんですね。
 そうだったんですか。
 ぼくたちのお祈り、おじいさまに届いているかな?
 それとも、靖国神社には行ったことがないぼくのお祈りは
 届いていないかな?

 おじいさまの形見の勲章のお話、いいお話ですね。
 こんなに素晴らしくいいお話を、ぼくのブログのコメント欄
 に書いていただいたのは、本当に望外の喜びではあるものの
 それで終わりにしてしまうのはあまりにも忍びないです。
 もとよりyorikoファンの皆さまが読みたい内容に違いない、
 ぼくはそう感じました。
 誠に大きなお世話だと思いますが、このお話、yorikoブログ
 に掲載していただくわけには参りませんでしょうか?
 こんなお話をぼくが独り占めしていいわけがありません。
 どうかご検討、よろしくお願いいたします。

 今の世の中、モノの価値を金額換算して推し量るという風潮
 が多いようにも感じます。
 しかし、お金に換えられないものどれだけ持っているか?
 それが幸福度を量る物差しなんじゃないかなあ・・・、なんて
 生意気にも思ってしまいました。
 いつもありがとうございます!
by song4u (2018-08-22 23:06) 

song4u

■サニーさま
 大幅に過ぎてて慌てたということは、正午じゃなかった
 けれども、「時間外黙とう」を敢行した・・・
 そういう風に理解すれば良いのでせうか?(笑)

 まあ、必ずしも正午でなければ絶対いけないということも
 ないように思いますから、その気持ちがあるのか無いのか、
 ということなんじゃないかと思いますけどね。
 ご先祖さまに手厚いサニーちゃんだもの。
 ・・・と、ぼくは信じてますけどね!
by song4u (2018-08-22 23:13) 

caveruna

私は、亡くなった祖母が、
8月15日誕生日だったので、
いろいろと思い出します。
戦時中のいろんな話を子供の頃
教えてくれたのは祖母でしたから。
by caveruna (2018-08-23 02:23) 

よーちゃん

平成最後の8月15日なんですよね。
昭和が平成になって、また違う時代になって
今後生まれてくる子供たちにとっては
昭和という時代は、遠〜〜〜〜い大昔にしか
思えなくなるんでしょうね・・・・。

さて、ホークスの新助っ人グラシアル、
いい感じですね〜!!
by よーちゃん (2018-08-23 10:32) 

サンダーソニア

黙とうしました。
戦争は正義ではなかったけれど
亡くなった方々の苦しみの上に
日本が在るのは
間違えようのない事実です。


by サンダーソニア (2018-08-23 11:58) 

song4u

■caverunaさま
 おばあちゃんのお誕生日が終戦の日・・
 そうでしたか。
 それにしても「戦時中」という言葉、懐かしいナ。
 昔、おふくろとか、おばあちゃんがよく口にしてました。
 「戦時中」の日常の話もよくしてたなあ。
 直近でも、もう軽く30年以上前の話だけど。

■よーちゃんさま
 そうですね、平成最後の8月15日だったんですね!
 うっかりしてて、気がつきませんでした~。
 来年は新しい元号の8月15日。
 昭和が一段と遠くになりにけり・・・ですねえ。

 グラシアル、いい感じです♪
 ここへ来て日ハムを3タテ、ついに2位になりました!
 さあ、明日からは王者ライオンズの胸を借ります。
 残り37試合で8ゲーム差。ほぼ絶望的ですけど。

■サニーさま
 やっぱりね!
 サニーちゃんのことだから、きっとそうだと思った。
 ぼくは今年の黙とう、省略してしまいました。
 いかんよなあ、こんなことでは。

 英霊への感謝の祈りは、人間なら当たり前です。
 こんなことにケチつけるなんて、考えられない。
 どういう神経してるんだろうと思います。
by song4u (2018-08-23 22:10) 

NO14Ruggerman

出遅れましたぁ。
しかも8月15日はご承知の通り日本に居りませんでした、すみません。
私の先祖で戦争の犠牲となったのは祖母と叔父叔母の4人で、疎開先の長岡で空襲避難先の防空壕で命を落としました。
最近長岡の花火がその雄大さと華麗さから注目を浴びていますが他の花火大会のように日にちが不定な週末に開催されるフェスティバルなのではなく開催日が8月2日に固定されています。
これは昭和20年8月2日未明長岡空襲で犠牲になった方々への鎮魂を込めているためであることをもっと知ってもらいたいなぁと思っています。
by NO14Ruggerman (2018-08-29 16:01) 

song4u

ラガーさん、おはようございます!
お盆に日本を脱出し、NZ遠征とは発想が実にお若い♪
そういう風にありたいものだと思いはしたものの、
実行に漕ぎつけるには課題が山積であります。
そのすべてを片付けられたであろうラガーさんは素晴らしい!
同志と徒党を組むのは楽しいものですよね。

さて、長岡に疎開されていたのですか。
ぼくは生粋の九州人の割には、長岡にも不思議な縁がありまして
2000年になる少し前、1年近く長岡詣でを続けておりました。
2階建て、下の階だとホーム目線で景観が悪く、シートがペラペラに
薄いMAXあさひに何十回乗ったことやら。
冬場の休日になると、ガーラ湯沢行きのスキー客だらけでね。

あの有名な花火大会は8月2日だったのですね。
そしてそれは、長岡大空襲の鎮魂の意味が込められていた・・・
まったく存じ上げませんでした。
語り継いでほしいですね、8月2日の由来やその周辺のこと。
良い悪いという問題ではなくね。

PS
ラガーさんがバーバラ・イーデン(かわいい魔女ジニー)を
ご存知なかったとは驚きました!
原作は、あの!シドニーシェルダン。
中村晃子吹き替えの「殿~」という名調子、また聞きたいなァ(笑)
by song4u (2018-08-30 08:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。