So-net無料ブログ作成
検索選択

2016 終戦記念日 [その他]

今日は終戦記念日。
もう71回目になるんだそうですね。
ウチのお義母さんは91歳だから、終戦の時は20歳だったんだ。
・・・なんてね、何故かお義母さんが脳裏に浮かびました。
人間って、時々、不思議なこと(説明できないこと)をするよね。(笑)

さて、今年の終戦記念日は月曜でありまして、普通なら出勤なんですが、
今年は何だか勤労意欲が湧かずサボってしまいました。
正午の黙祷の時間、家の中に居たのですがバタバタしておりまして、
その時がいつ来たのか分からないまま過ぎておりました。

終戦記念日は、当地ではお盆の最終日でもあります。
そして、いつもなら高校野球が真っ盛り。
終戦記念日は、送り火と高校野球の3点セットが例年のイメージです。
しかし今年はそれに、五輪というビッグイベントが相乗りしています。
五輪の戦いと終戦記念日・・・ナショナリズムが激突しますね。(笑)
で、どういうわけか、また、ある言葉が頭に浮かびました。

大和魂―
やっぱり五輪の戦いがそれを連想させたのでしょうか?
大和魂―
昔、藤猛という米国籍の日系人ボクサーがいましたね。
「岡山のばあちゃん、見てますか? 大和魂、ボク頑張ったよ」
しかし違うなあ、これじゃないなあ。(笑)

大和魂―
体操の内村さん、重量挙げの三宅さん。
柔道の井上監督にも本当に感動しました。
もちろん、錦織さんや競泳をはじめ多くの選手の方々にも。
メダルの色や数は異なりますが、そんなことは問題ではありません。
残念ながらメダルには届かなかったけれど、ぼくたちの代表として
日の丸を背負って戦ってくれた多くの選手の皆さん、本当に本当に、
本当に頭が下がる思いでいっぱいです。

そんな中、今日行われた卓球女子団体の準決勝。
我が愛すべき日本チームは、ドイツチームに2-3で敗れました。
この試合、ぼくはLIVEで観ていました。
まさに実力は伯仲。勝敗は時の運だったように感じました。
勝敗が決した後、応援団に向けた挨拶が下の写真です。

G20160815013172610_view.jpg
(スポニチアネックスより転載。左から伊藤、福原、石川の各選手)

写真は三者三様の表情を見事に捉えています。
涙に暮れる伊藤選手はまだ15歳です。
泣きたい気持ちは伊藤さんの10倍以上だったでしょう、福原選手。
そして茫然自失の石川選手。

「ダブルスも個人も落とした。負けの責任はすべて私にある」
そんなこと言わないでくれ、愛ちゃん!
キミは精一杯頑張ったよ。みんな、ちゃんと観ていたよ!!
正々堂々、胸を張って帰って来て欲しい。
キミにはその権利があるよ!!

今年の終戦記念日は、オリンピック色に染まってしまいました。
でも、それでいいんじゃないでしょうか。
平和な時代だからこそ、感動的な大和魂の発露に接する。
今年の終戦記念日はスポーツに感動した平和記念日でした。

*****

(追記 2016/08/17 2:00)
やったー!
やっぱり最後は天が味方してくれたみたいです!!
こんな時間まで起きて応援した甲斐があった。
女子卓球チーム、銅メダル本当におめでとう♪
9.jpg
(毎日新聞より転載)

*****

(さらに追記 2016/08/17 23:01)
この3枚の写真、時系列に並んでいます。
それにしても、何と象徴的なんでしょうか。
『銅』って、バラしたら『金』と『同じ』・・・
いやあ、凄いことに気がつくなあ。確かにその通りだ!
G20160817013184440_view.jpg
(スポニチアネックスより転載)
タグ:終戦 8月15日

共通テーマ:blog

2015 終戦記念日 [その他]

お盆、8月15日、そして終戦記念日。
終戦の詔勅、俗に言う玉音放送が流れたのが昭和20年(1945年)8月15日の正午。
恐らくそれを意識してのことでしょう、日本武道館で行われる全国戦没者追悼式では
例年8月15日の正午に1分間の黙祷が捧げられています。
今年は何を思ったのか、私も黙祷を捧げたくなり、1分間、静かに頭を垂れました。

これまでこの黙祷を知るのは、NHKの夏の高校野球中継を観ていたからであって、
放送の中で必ず黙祷の場面が映し出されるからであり、決して全国戦没者追悼式を
意識してのことではありませんでした。
しかし今年に限っては高校野球はそっちのけで、正午のNHKニュース枠でやっていた
追悼式そのものに目が行きました。

ところが、地上波NHKの追悼式中継はほんのサワリだけで終わってしまったため、
慌ててBS-NHKに切り替えてその後の中継を観ました。
が、それさえも、安倍総理の式辞を前にして中継終了となってしまう有様です。
直後によほど重要な番組が控えていたのなら分かりますが、その後に放送されたのは
どうでもいいようないくつかの番宣などが約25分、そしてBSニュースでした。
唯一の強制有料放送局たるNHKの資質が疑われる気がしました。

20150807k0000m050058000p_size8.jpg
(8.6 広島原爆の日、全員が背番号86で黙祷するカープの選手たち。毎日新聞より転載)

1945年の終戦から70年。
終戦記念日を前にした昨14日、安倍総理による内閣総理大臣談話が公表されました。
戦後70年の区切りの年に談話を発表する意義がないとは申しませんが、正直に言えば、
なぜ談話を出さなければならないのか、私には明確なその理由が分かりません。
50年目(村山)、60年目(小泉)と前例があるから?
出さないと、逃げたと思われるから??

私は密かに心配していました。
直前の内閣支持率低下の報道により、「お詫び」を入れるだの「侵略」を認めるだの、
当初の予定にはなかったであろう不穏な雰囲気が流れ始めたからです。
しかしフタを開ければ、ほとんどそれは杞憂でした。

約23分間の談話
安倍さんはどこぞの某マスコミとは違い、我が国の総理大臣として終始冷静で、
堂々としていて、そして聡明でした。

下記に過去の談話の公式リンクを貼りつけます。
前回の2つの談話の内容がどうだったのか、読み比べれば一目瞭然です。
村山談話(平成6年8月31日)
小泉談話(平成17年8月15日)
安倍談話(平成27年8月14日)

年齢を重ねるに従い、終戦記念日への思いは深まる一方です。
そして今年の終戦記念日は、これまでとは少し違う「何か」を感じることが出来た
ように思います。
この平和な社会に感謝し、この先も戦争のない秩序の維持へ向け、個人で出来る
ことは何かを考えていきたいと思います。
nice!(154)  コメント(32) 
共通テーマ:blog

7月1日 午前8時59分60秒 [その他]

今日7月1日、午前8時59分59秒の1秒後に「8時59分60秒」(うるう秒)が挿入され、
本日は通常よりも1秒長い一日となりました。トクしたねっ♪
ニュースで大々的に報じられていたので、ご存知の方も多いと思います。
今のところ大きなシステム障害は発生していない(小さな障害はポツポツ?)
ようなので、まずは良かったなと思います。

9時前、NTTの時報サービス(117)を確認しました。
ただいまより8時59分50秒をお知らせします・・・
ピッ①ピッ②ピッ③ピッ④ピッ⑤ピッ⑥プッ⑦プッ⑧プッ⑨ポーン⑩
41秒・42秒・43秒・44秒・45秒・46秒・47秒・48秒・49秒・50秒

ただいまより9時ちょうどをお知らせします・・・
ピッ①ピッ②ピッ③ピッ④ピッ⑤ピッ⑥ピッ⑦プッ⑧プッ⑨プッ⑩ポーン⑪
51秒・52秒・53秒・54秒・55秒・56秒・57秒・58秒・59秒・60秒・9時00秒

おお、確かに~!!
8時59分20秒ぐらいからドキドキしながら指折り数える練習などをしまして、
来たるべき59分50秒に備えましたよ。
1秒挿入されたの、見事に実感できたなあ。こんなの初めて。(笑)
しかし、うるう秒の挿入は深刻なシステム障害を引き起こす危険性があるため
廃止が検討されているとのことです。危ないからもうやめようよ、と。
詳しいことはこちらとか、こちらとか。


さて、今日から全国的に7月なんだそうですね。
12ヶ月の内の6ヶ月が終わったわけだから、2015年も半分が終わったんですね。
うーむ、本当なのか?信じられない。どう考えても早い、早過ぎるよ。
早過ぎて時間もない上に相変わらず不調と来てるから、どうしようもないよなァ。
6月と7月の間にうるう月の挿入でも検討して欲しいものです。(←こらこら笑)

7月と言えば・・・
福博(福岡と博多を総称して地元ではこう言います、2つの地区は明確に異なります)
の街は山笠一色になります。
下の写真は6月19日に撮影した、まだ工事中の博多駅の十番山笠。
今日、1日からは垂れ幕は除去され、飾り山が一般公開されているはずです。
ぼくはまだ見てません。明日見ようっと。

ところで、昨年の博多駅は十一番山笠でした。
今年、なぜ「十番」なのか?・・・ということを過去記事で研究しました。
あの頃は随分ヒマだったんだなあ。(笑) ※コメント欄を参照
http://song4u.blog.so-net.ne.jp/2011-06-25#comments

150619_163216r.jpg

7月は全国各地で祇園祭が行われるのでしょうね。
そう言えば小倉の祇園太鼓も、打ち初め式は今日じゃなかったでしょうか?
博多祇園山笠。
山笠のあるけん博多たい!なんてCMがあったなァ。何のCMだっけ?^^;
ちなみに山笠は「やまかさ」です、濁りません。
nice!(107)  コメント(34) 
共通テーマ:blog

おふくろの誕生日 [その他]

今日6月14日は、おふくろの誕生日。
昭和5年(1930年)生まれだったから、生きていれば満85歳だったんだなァ。
今のご時世、85歳なんて、まだまだ元気なおっかさんも多いのにねえ。
おふくろ、誕生日おめでとう!(…って、故人の誕生日って意味あるのか?!^^;)

今日は一葉の写真を掲載してみようと思います。
昨日、全然違うことをしていて、たまたま古いアルバムが目に入りました。
パラパラとめくっていたら、昔懐かしい写真に思わず手が止まった。
こんなタイミングでご対面するなんて、これも何かの縁かもしれないと思いました。
まったく意図していないのに、本当に面白いことが起こるなあと思いました。

随分古くて、すごくちっちゃな白黒写真です。
古いアルバムには色々なサイズの写真が混在していますが、その中でも
これは最も小さい部類のものだと思います。30切ってヤツかなあ?
昭和29年生まれのぼくが3歳ぐらいの時のスナップだと思うので、
恐らくは昭和32年(1957年)前後のもの、60年近く前の代物だと思います。

おふくろとぼくです。
おふくろには掲載許可を取っておりませんので、一応イメージは残しつつも
本人の肖像権に配慮して(笑)、若干画像を加工させてもらいました。
もしも昭和32年ならば、おふくろは27歳ぐらいということになります。
うーむ、27歳のおふくろかァ。イメージ狂うなあ。(爆)


IMGP0247mzr.jpg

小さい頃のぼくは、おふくろにベッタリだったそうです。
中学生や高校生の頃、正月や冠婚葬祭などで親戚が集まったりすると、
たびたび冷やかされておりました。
この写真もそうかもしれません、ぼくの左手は、しっかりとおふくろの着物を
握りしめているような気がします。見えないところで。(笑)

昭和30年代の前半と言えば、映画『三丁目の夕日』前夜の頃でしょうか。
母はオーソドックスに和服で割烹着スタイル。そして左手には買い物かご。
時代考証的にはまさに典型的、絵に描いたようなひとコマのようにも感じます。
とは言え、ぼくの記憶には和装のおふくろはあまり登場しないけどなあ。

良く分かりませんが、これが普通の日常だったとは思えません。
折角こんなカッコしてるから写真でも撮ろう、というのもあったと思います。
だけどそれにしても、昔はこんな風情のある装いの日常が、そんなに特別なこと
ではなく結構そこここにあった、ということかもしれませんね。
何だか余裕だよなァ。気分的に、すご~く。

ところで、そもそも撮影場所はどこなんだろう?
おぼろげな記憶から推測されることは、恐らく福岡に引っ越す前、
まだ佐賀にいた頃なんじゃないかという気がしますが、もちろん何の確証も
ありません。永遠の謎です。聞いとけば良かったなあ。

ま、何はともあれ。
今日は大好きだった和菓子で、誕生日のお祝い(お供え)をしようと思います。
「そんなことしなくていい」という声が聞こえて来そうですが。
糖分や炭水化物を気にしなくていいから気が楽だねえ、おふくろさま!

nice!(89) 
共通テーマ:blog

2015 正月も3日になりました [その他]

新しい年、2015年が明けました。
皆さま方、如何お過ごしでしょうか?
近年にない記録的な大雪に見舞われているmutuminちゃんの青森
そして、しろうさぎさんの京都
大変だと思いますが、試練の神さまに試されているんだと思います。
へこたれることなく、頑張りましょうねっ!!

IMGP0190.JPG
(とりあえず、あるものを手当たり次第に投げ入れてみました。song4u流生け花。)

正月と言えばおみくじ、今年は「中吉」でした。
何事も偏り無く程々が良い、という中庸の徳で行きなさいとの
思し召しなのでしょうかね?
ところが、読み進んでいく内に結論が示され、ドキッとしました。

「何事も運に任せ思い煩うな」

去年から続発する心配事の数々。
思い煩いすぎて動くに動けず、その結果、低調に終わったのは前記事で
書いたとおりです。うーむ、おみくじからまで指摘されるとは思わなかった。
新年早々、こりゃちょいとマイったなあ。


<蛇足1>
去年から、勝手に恒例化しようと企てている新年早々のウォーキング、
当然ながら2015年も挙行いたしました。
2015年の元旦は、この福岡でもみぞれ混じりの雪模様。
しかし、そんなことでヒルむsong4uクンではありませんよ。
却ってファイトが湧こうというものです!!

で、去年もやったのですが、今年もやりましたよ・・・
1月1日時点における、しめ飾りの設置状況チェック!
ウォーキングしながら、ご近所のしめ飾りがどの程度設置されているのか、
指折り数えてチェックしました。
昨年は我が団地の2丁目を中心に無作為50軒をチェックしたのですが、
今年は1丁目を中心にサンプル数も2倍の100軒に増量してみました。
結果発表~!!

■しめ飾り設置率:73% (※100軒中27軒は未設置)

昨年は23%が未設置でした。
今年は27%が未設置。ま、その差は誤差の範囲であると思われますね。
因みに、元日ということで、国旗も掲揚されていた模範的なお宅は1軒。
そして、車庫の門扉にもしめ飾りをされていた優等生のお宅が1軒でした。
また、玄関ドアが黒・濃いブラウン系のお宅に未設置が目立ちました。
黒系ドアは、一般的に洋風建築が多い傾向だからでしょうかねえ?
面白い傾向だなあと思いますね。

<蛇足2>
ところで、この年末、ちょっと面白いことをやってみました。
それは何かと申しますと・・・初詣ならぬ、年末詣であります!!
年末詣って何?
それはね、年末にこの一年の御礼詣をするということなのであります。
え? そんなの聞いたこと無い?
そりゃそうでしょうね、ぼくも聞いたことありません。(爆)

141230_141653.jpg
(福岡県福津市の宮地嶽神社。12月30日に年末詣を挙行)

宮地嶽(みやじだけ)神社と言えば、直径2.5メートル、長さ13.5メートル、
重さ5トンという日本一の巨大しめ縄で有名な神社でございます。
http://www.miyajidake.or.jp/keidai/nihonichi.html
福岡では『三社参り』と言いまして、正月は三社にお参りするのが習わしに
なっております。ですから、正月はどこの神社も大盛況。
だから三が日のお参りは至難の業であるので、年末に行ってみた・・・
決してそんなインチキを企てたワケではございませんので、念のため。(笑)

で、そこで見つけてしまいました、大変なものを!
これなんですけどね。↓
141230_142013.jpg

平成27年の後厄は昭和29年生まれ・・・?(赤線の囲み)
ん? ぼくは29年3月生まれですが、何か?
ひょっとして、平成26年は本厄だったってわけでしょうか??
ひょえー、そんなん知らんがな! はよ言わんかい!!
・・・ったく往生するなあ、もう。
道理で色々と・・・(以下、自主規制^^;)
nice!(111)  コメント(47) 
共通テーマ:blog

2014 終戦記念日 [その他]

8月15日、終戦記念日。
もう69回目にもなるんだそうですね。
普段はチャランポランな私ですが、今日だけは、少なくともこの日だけは背筋をピンとして、
しばし昭和20年のこの日を心に刻みつつ、静かに迎えたい気持ちになります。

8月15日と言えば、我が街ではお盆の最終日。
ご先祖さまの帰路を照らす送り火を焚く日です。
今さらながら、そんな日が終戦の日だったんだなあ・・・そんな思いです。
蝉が狂ったように鳴き、灼熱の陽射しが照りつける盛夏。
そんな中の無念の終戦だったのですね。

140713_154223.jpg
(2014年7月13日(日) ひまわり畑は去年の3倍! ジョギング中に足休めに撮影)

土日にジョギングしてて思うのは、去年よりも今年はひまわり畑が多いということと
飛んでいるトンボの数が妙に多いということです。
もう1ヶ月も前になるとは恐ろしい、上の写真はジョギングコース上のひまわり畑です。
どういうわけか今年はひまわり畑が多く、去年の3倍以上の作付けのように思います。
稲作を連作すると問題があるとかで、ひまわりを植えるのでしょうか?
ご存知の方、是非ともご教示を!


さて、今日は朝から不愉快でした。それは何故か?
朝一番から、「敗戦記念日」という極めて不謹慎な言葉を耳にしたからです。
終戦記念日を、どうして殊更のように「敗戦記念日」などと言いたいのでしょうか?
生への願いも空しく、命を捧げてくれた英霊たちがこれを聞いたらどう感じるでしょう?
私には到底理解ができません。
こんな言われ方、とても許すことができない。悔しくてなりません。

「敗戦記念日」という言い方をする人たちには、共通点があるように思います。
自分は何でも知っている(知識階級)という滑稽なほどの思い上がりからなのか、
その言葉は往々にして「上から目線」で発せられます。
彼らが何を知っているのか、その上から目線の根拠は一体何なのか?
とは言え疑問に思うだけで、彼らの弁解を聞きたいわけではありませんが。

夕方になると、今度は相も変わらず閣僚・議員たちの靖国参拝のニュース。
そして、それらに対する北京のリアクション云々・・・
もう本当にいい加減にして欲しい。
自分たちの祖国を守るために戦って命を落とした英霊にお参りすることが
どうしてニュースになる(ニュースにする)のか?
お前ら、一体どこの国の人間なんだ?!


あ、いけませんね。
神聖なる英霊たちへの感謝の日である終戦記念日に、こんな低俗なことを書いては。
礼を知らない奴らと同じ土俵に上ってどうするつもりだ?!(笑)

両親のため、兄弟のため、そしてそんな愛する人たちが住む祖国のために、
たったひとつしかない命を捧げてくれた英霊たちに、心静かに合掌。
どうぞ安らかにお眠り下さい。
nice!(142)  コメント(38) 
共通テーマ:blog

謹賀新年 2014 [その他]

新しい年、2014年が明けましたね。
と言いますか、明けて、もう3日も経ってしまいました。^^ゞ
まったく、時の流れだけは相変わらずで、情け容赦がありません。
この分で行くと、今年もあっという間に大晦日がやって来そうです。(おいおい)

140101_154640r.jpg

新年1発目の写真は、昨年は控えた玄関のしめ飾りです。
我が家の経済状況を反映してか(笑)、やや質素なしめ飾りであります。
だけど、付けられなかった昨年に比べれば、やっぱりお正月はこうでなくっちゃねっ!^^

さて、元旦は歩き初め、2日は走り初めをしたのですが、両日ともに好天だったせいか、
歩いている人も走っている人も予想外に多くてちょっと驚きました。
正月早々歩いたり走ったりなんて、そんなモノ好きはぼくぐらいのものだろうと思っていたら
全然そうではなくて、すこぶる勇気づけられました。ホント、嬉しかったなァ。^^ゞ

で、新年早々のウォーキング時に通り沿いのお宅のしめ飾り設置状況をチェックしたところ、
無作為抽出30軒のうち、未設置のお宅が何と、7軒も!!
まさか付け忘れるハズはないから、恐らくは喪中なんでしょうね。
喪中率:23%?

しめ飾りと言えば、最近、クルマにはめっきり飾らなくなりましたね。
今年、初詣に行った時に、神社の駐車場で1台だけ飾っているクルマを見掛けましたが、
恐らく、軽く千台以上はすれ違ったであろう中には、ついに1台も発見できませんでした。
昔は飾ったモンでしたけどね、クルマにしめ飾り。こんなに激減してるとはなァ・・・。
クルマのしめ飾り率:0.1%未満??

ところで今更ですが、年賀状を見ていて、ふと気がつきましたよ。
年賀はがきに色んな種類がある!!
我が家には、写真の10種類が来ておりました。

IMGP0080r.JPG

調べてみたら、もっとたくさんの種類があることが分かりました。
皆さんのお宅には何種類の年賀はがきが届いていたのでしょう?
ちょいとヒマつぶしに、はがきチェックしてみるのも楽しいかも?^^
http://yubin-nenga.jp/products/


というわけで、皆さま、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m
nice!(127)  コメント(73) 
共通テーマ:blog

ななつ星デビュー! [その他]

台風26号、強烈ですね。
中心から500km以上離れたここ福岡でも、19時頃から本格的な台風の風に
見舞われております。
26号は大型で強い風台風であり、同時に雨台風でもあるとのことですから、
くれぐれもご注意下さい。

さて、今日は「にわか鉄」してみました。^^;
朝、ぼくはラジオを聴きながらの電車通勤なのですが、今朝のラジオでは
高級寝台特急「ななつ星」のデビューが話題になっていました。
機関車と客車の8両編成、総工費は30億円とも言われています。

火曜日出発の3泊4日、土曜日出発の1泊2日の2つのコース。
最高98万円(!)という価格設定らしいのですが、来年6月出発分までの
抽選倍率は10倍近くだったらしく、もちろんすべて完売。
実に景気のいい話ですなァ。(笑)

IMGP0374r.JPG
IMGP0392r.JPG
(10月15日、JR博多駅にて)

朝のラジオで今日10月15日のデビューが12:47発だと聞いたので、
ヒマを持て余しているsong4uおじさん、野次馬根性丸出しで昼飯も早々に、
ちょいとお散歩がてら見物に行って参りましたよ。
そうしたところ、5番6番線ホームはヒマ人たちが興奮のルツボ。(←お前もな)
・・・ったく、どこから湧いて来たのだ、この人たちは。(←だから、お前もだよ^^;)

IMGP0380r.JPG
IMGP0386r.JPG

列車の旅とか、船の旅。
ゆったり、のんびり。いいよなあ、憧れるなあ。
もうちょっとの辛抱だ。待ってろよ、ななつ星!!(なんてね)
タグ:ななつ星
nice!(90)  コメント(29) 
共通テーマ:blog

神さまがくれた偶然 [その他]

今日は社有車でお出掛けでした。
打ち合わせ先とのアポイントメントは、午後1時。
昼を挟み、約80分かかる場所のアポイント。事務所を出発したのは10時25分でした。
前回もぼくが乗ったのでしょう、ラジオはRKBラジオ(地元局)が選曲されていました。

事務所を出て都市高速に乗るまでの約12,3分、いつもながらの大渋滞です。
歩いたほうが絶対に早いよなあ・・・なんて思いながら、ふとラジオに耳を傾けると
何やら、おじさんとおばさんが話しているようでしたが、そんなことよりも目の前の
大渋滞が気になっていました。
そんな中、女性の声で、気になるフレーズが聞こえて来ました。

「長い間お聞きいただき、ホントにありがとうございました。(泰子さん、ありがとう!)
心より感謝申し上げます。誰かとどこかで、お喋りは永六輔、遠藤泰子でした!」

おお!
『誰かとどこかで』の最終回、今日だったのかあ!
しかし、何という偶然。何という幸運!!
下記の貼り付けは、今日9月27日のRKBラジオの番組表です。

無題0927rre.jpg
  (2013年9月27日 RKBラジオ番組表 抜粋)

10時25分に事務所を出て、隣のタワーパーキングから出庫するのに3,4分でしょうか。
まさに、10時半からのこの番組を聞くためにクルマに乗ったようなものです。
午後1時からの打ち合わせ時刻を決めたのはぼくですが、決めた本人も認識していない
こんな伏線があったなんて、神さまがくれた偶然としか言いようがありません。


『誰かとどこかで』。
番組開始は1967年(昭和42年)の1月なんだそうです。
今日のこの最終回で12,629回、何と!46年もの年月を積み重ねて来られた。
ぼくが聞き始めたのは大学生になった後、太宰府町(現 太宰府市)に引っ越したために
自動車通学になった頃だから、’74年前後からだと思います。

当時、好きだったのが『小沢昭一的ココロ』と『誰かとどこかで』。
小沢昭一さんの芸術的ノーテンキ具合、対して永六輔さんの生真面目一本勝負。
「7円の唄」(当時、ハガキが7円だったんだと思います)なんて、名作が多かったなあ。
ああ、ついにどっちも無くなってしまったということなんですね。
かなり寂しいよー。

だけど永さん、いつからこんな声になっちゃったんだろう?
遠藤さん(今年70歳)は変わらぬ美声だけど、永さんの声、永さんじゃないみたいだった。
でも、最後の言葉は、泰子さんありがとう! 桃屋さんありがとう!・・・だったなあ。
いかにも永さんらしい、やっぱり永さんは永さんだ。


終了後、遠藤泰子アナが12時からのRKBローカル番組に電話出演されるとの情報。
ぼくはナイター中継を聞くために、いつもポケッタブルラジオを持ち歩いているので、
昼飯を食べながら遠藤アナの出番を待ちました。

遠藤アナは、TBSに入社した年度に、2代目アシスタント(初代は超短命だったとか)
として、始まったばかりの『誰かとどこかで』に関わったんだそうです。
以来、46年。しかし・・・

「アシスタントらしい仕事は皆無。永さんの前では、ひとりのリスナーに過ぎなかった」

そう謙遜されていました。
永さんに合わせて笑ったり、分からないことは「何ですか?」と訊いたり、番組のお陰で
随分勉強させてもらった、特等席で永さん語録を聞かせて貰って大変有り難かった、と。
46年も関わって来たから、既にもう人生の一部化しているところもあり、言うに言われぬ
心境です・・・とも仰っていたかなあ。そりゃそうですよね。

早速、youtubeを検索してみました。
奇特な方はいつもおられますね。今回もちゃんとアップしてくれていました。
どうかどうか、お願いだから削除されませんように。


nice!(105)  コメント(37) 
共通テーマ:blog

祝 2020東京五輪! [その他]

何はともあれ、2020東京五輪開催決定、誠におめでとうございます!
ぼくは招致成功はほとんど絶望的だと思っていただけに、嬉しいと言うよりも
ちょっとビックリしました。

前回五輪は1964年(昭和39年)。
統計的に晴天の確率が極めて高いとのことで、開会式は10月10日でしたよね。
その時、song4u少年は花も恥じらう10歳。福岡市立原(はら)小学校の5年生でした。

当時、オリンピックの意味は、正直な話、よく分かってなかったような気がします。
けれど、白黒テレビの向こう側で連日行われている真剣勝負に手に汗を握り、
世間知らずの10歳の少年にも大切なことをたくさん教えてくれたと思います。
2020年の五輪も、多くの子供たちが得難い体験をたくさんしてくれたらいいなあ。

130901_150130r.jpg
(道端に咲いた、雨に濡れる鹿の子百合。9月1日、ジョギング中に足を休めて撮影)

五輪開催の誘致については、立場によって色々な意見があり、賛成の人、反対の人、
そしてその理由・根拠と多種多様な見解があろうかと思います。
ぼくはそのいずれをも否定するものではありません。

細かいことを言えば、確かに疑義に感じることが多いのも事実です。
恐らくその一番手は、国民の誰しもが大きな関心を寄せている福島対策について、
オリンピック招致活動の中、IOC委員から説明を求められたその返答ではなく、
どうして日常の政治活動の中で力強く説明していただけなかったのか?
さらに、イの一番に説明すべきは、IOC委員ではなく我々国民ではないのか?

安倍首相は、汚染水の影響について・・・
「福島第一原発の港湾内の0.3k㎡の範囲内で完全にブロックされている」
また、水質について・・・
「数値は最大でも世界保健機関(WHO)の水質ガイドラインの1/500。日本の食品や
水の安全基準は世界で最も厳しい基準だ」

こんな説明、初めて聞いた。
ちょっとマユツバの部分もあるように思うが、真偽のほどは敢えて問うまい。
それは国民ひとり一人が考えるべき問題だと思うから。


ところで、隣国である韓国。
五輪招致の最終段階であった先週、突如として言い出した福島周辺8県の水産物
輸入禁止政策には驚いた。8県の中にはまったく輸出実績のない県まで含まれており、
驚きとともに、こんな一方的な話には怒りを禁じ得ない。
招致最終段階というタイミング、そして何らの科学的根拠もないこの発表は、誰の目にも
五輪招致への妨害工作でしかないのは明らかであり、こんなことを国をあげて行うなど、
見たことも聞いたこともない。

日本に筒抜けと分からないのか、米国首脳に日本の悪口を言いまくるお嬢さま大統領。
国連事務総長という立場にありながら、一方的・主観的な「歴史認識」云々をホザく輩。
そして国際的な注目の中、意味不明の水産物輸入禁止を発表して世界に嘲笑を買う隣国。
もういい加減、目を覚ましたらどうなのかなあ。
nice!(88)  コメント(24) 
共通テーマ:blog

2013 終戦記念日 [その他]

■2013/08/16追記
 NO14Ruggermanさんからの情報です。
 NHKスペシャル『従軍作家たちの戦争』。
 http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0814/
 一見の価値は十分あります。49分、Daily motion。
 http://bit.ly/16Q8uvo
 ---------------------------------------------------

1年が経つのは本当に早いものですね。
今年もまた、終戦記念日がやって来ました。

来年3月で還暦を迎えるぼくにとって、あと何回、元気でこの日を迎えることが
できるだろうか、元気でいるうちにどんなことを次世代に伝えられるだろうか・・・
いつもそんなことを考えながら、しかし、考えるばかりでなかなか行動に移せないまま
時間ばかりが空しく過ぎ去って行きます。

今朝ラジオを聞いていたら、いいトシをしたおっさんが・・・
「ぼくはね、終戦記念日じゃなくて、“敗戦”記念日だと常々言ってるんですよ」

こんな幼稚で無神経な輩に無性に腹が立って、瞬間的にラジオのスイッチをOFFにしました。
どうしてこういう分かり切ったことを、殊更のように言う人がいるのでしょう。
分かってはいるけれど、ぼくは死んでも口に出して言いたくないです。
そんなことを言って、いったい何が嬉しいのか? まったく理解に苦しみます。

130815_174025r.jpg
(もう穂が確認できます、驚き!・・・ 本日夕、ジョギング中に撮影を口実に休憩。^^ゞ)


さて終戦記念日、68回目になるんだそうですね。
終戦の時にオギャーと生まれた赤ちゃんが、今やもう68歳。
式典への参加者が、70歳代で占められているのも必然という気がします。

申し訳ないぐらいに平和ボケな環境だから、1年のうちで今日ぐらいしか戦争について
思いを巡らすことがありません。
戦争したい、戦争賛成! ・・・そんな考えの人は極めて少ないのではないでしょうか?
問題なのは、どうやって戦争に至らないようにするのか?

そんな中、靖国参拝が盛んに報じられています。
そもそも靖国参拝って、ニュースで取り上げるような題材なのでしょうか?
子孫のために勇敢に戦ってくれた英霊にお参りすることが、どうしてニュースになるのか?
そんなことはごく自然なこと、当たり前のことではないでしょうか?

お盆に、自分たちに生を授けてくれたご先祖さまにお参りすることと、
今、生きているぼくたちのために命を捧げてくれた英霊にお参りすること。
・・・この2つは違うことなのでしょうか?
ぼくは不可解で仕方ありません。

色々と細かいことを言い始めるとキリが無いでしょう。
平和について、戦争について、大きく俯瞰して考えることが大切なのかもしれません。
nice!(113)  コメント(37) 
共通テーマ:blog

盛夏お見舞い申し上げます [その他]

お暑うございます。
皆さん、この暑さ対策、どのようにされておりますか?
ぼくはね、ひたすら jog&walk。(何とかのひとつ覚えです。^^;)

さて、昨日の出来事です。
いつものように、陽が落ちて来た夕方を見計らって jog&walk を開始。
見慣れた風景が続きます・・・と思ったら、突然目に飛び込んで来た一面の黄色!
見事なひまわり畑です!!

IMGP1847r.JPG
(我が家から約2km、ウォーキングルート上のひまわり畑。2013年7月28日撮影)

え?
先週、ここに、こんなのあったっけ??
よくよく考えたら、先週は別ルート開拓のために、このルートを通っていません。
先々週は? ・・・このルートを通ったハズなんだけど、良く憶えていない。^^ゞ
でも、たった半月でこんなに様変わりするものなんでしょうかねえ?

それにしても、それもこれもウォーキングのお陰です。
田植え前のレンゲ畑、ほとんど同時に菜の花畑。
そして田植え。ひょろひょろだった苗が、今では堂々たる成長ぶりです。
さらに今週はひまわり畑。突然現れた一面の黄色には、さすがに驚きました。
季節は知らないところで、確実にめぐっていたのですね。

ところで、この一面の黄色。
ぼくは思わず、“あの”映画を思い出してしまいました。
そう、誰しも脳裏をよぎりますよね、『SUNFLOWER(ひまわり)』。
冒頭のひまわり畑のシーンですね。youtubeを探したら・・・ありました。
この曲、昔、よく練習したなあ。
出だしだけなら、今でも弾けると思います・・・たぶん。(笑)


タグ:ひまわり
nice!(96)  コメント(57) 
共通テーマ:blog

昭和の日 [その他]

今日の福岡地方、最高気温は27℃でした。
最高気温が25℃を超えると、気象用語では「夏日」と呼ぶそうですね。
今年の昭和の日、福岡では夏日になりました。

4月29日・・・昭和の日。
そう言われても、何だかピンと来ないなァ。
4月29日と言えば、天皇誕生日(昭和天皇)と言うほうが、いまだにしっくり来ます。
それもそのはずで、人生59年の内、35年ほどは天皇誕生日と言ってましたからね。
それが、みどりの日になったり、最近では昭和の日になったりなんだもんなあ。
ちなみに「昭和の日」になったのは、平成19年(’07年)からなんだそうです。

だけど昭和の日という命名、嫌いじゃありません。
生粋の昭和生まれ・昭和育ちのひとりとしては、大袈裟に言えば、喜びも苦しみも
この昭和という時代とともにあったように思います。

IMGP1719r.JPG
(こんなレンゲ畑で、昔はみんな寝転がって遊んだものです・・・2013年4月13日撮影)

子供の頃、お隣は風呂桶屋さんでした。
木の板を縦に貼り合わせて、グルッと一周。竹で締め上げて完成です。
木で作った風呂桶に石炭釜を組み合わせた風呂、昔はそれが普通でした。
風呂に張る水は井戸水です。井戸から風呂まで、水はバケツで運びます。
何度も何度も往復して風呂に水を張り、石炭に種火を付けた後、石炭をくべます。
まるで蒸気機関車の石炭係のようです。

石炭が燃える匂い、好きだったなァ。
石炭の燃える匂いがすると、ああ夕方だなァ(風呂の時間)・・・と思ったりしました。
だけど子供の仕事にしては、とにかく水張りが大変でした。
バケツに目いっぱい水を入れて運ぼうとすると水はこぼれるし、
お上品な水量で運んでいたら、いつ終わるか分からないし。

小学校4年生ぐらいだったでしょうか、いつものように家に帰ったら、ピッカピカの
水道の蛇口が風呂場に付いていました。
感動したなあ。途方もなく嬉しかったですね。
ああ、これでもう水張り仕事から解放される。やったー!ってね。(笑)

さて、ここで問題です。
木で作る風呂桶、木と木を接着した上で、竹を用いて全体を締め上げます。
この時に使う接着剤は、極めて身近なものから作ります。
その身近なものとは、いったい何でしょう?
nice!(123)  コメント(72) 
共通テーマ:blog

何だかとても名残惜しい平成24年度 [その他]

ピークは3月28日でした。
何のことかって?
年度末で退職される方々からの、退職のご挨拶です。

オギャーと生まれた時は、世の中のすべての人が年上でした。
やっと社会人になった時、職場の人たちは全員が先輩でした。
ところが今や、職場で自分よりも年上は数えられます。
その数少ない年上の方々が、ひとり、またひとりと退職されて行きます。

IMGP1595r.JPG
(記事とはまったく無関係の富士山 2013年3月22日撮影)


どう言えばいいのかなあ、
自分の気持ちをありのままに文章にするのがすごく難しいです。
ひとことで言うと、平成24年度の年度末って、今までの年度末と明らかに違う。
それは退職される方々が、非常に身近だった人たちが多いからかもしれません。
そして、ぼくも程なく定年だということも、確実にあると思います。

そんな諸先輩方の中のひとり、名古屋のTさん。
彼はこれまで積み上げて来たキャリアの一切を捨てて、まったく畑違いの造園業に
転身するつもりだと言って張り切っていました。
そのために来年度はみっちりと職業訓練校に通う、1年間フルタイムで勉強して、
最終目標である70歳までの10年間に備える、と。

同じところで勤務していた、Iさん。
彼は去年の集中豪雨で被害に遭った大分県日田市のご出身なのですが、
その郷里には年老いた母上さまがひとり暮らしをされているらしい。
これを機に日田に戻って、家を建て直すことになるだろうと言っていました。

東京のNさんやSさん。
彼らはもう何もしないと言ってたなあ。
せっかくこの世に生を受けて、何もしないって言うのも勿体なくないかなあ?
ま、ぼくが決めることではありませんが。


今日で平成24年度とも完全にお別れです。
本当に色々とお世話になりました、平成24年度。
何卒よろしくお願いいたします、明日からの平成25年度。

nice!(126)  コメント(50) 
共通テーマ:blog

恋とか、愛とかのすこし先。 [その他]

この土日、静岡、浜名湖、浜松へ小旅行しました。
それについて書こうと思いつつ、別のことをしていたら、こんなのにブチ当たった。
最初は何だろうと思ったけど、次第に引き込まれました。

この動画の長さは5分です。
どうでしょう、あなたの5分を、この作品のために差し向けてみませんか?



5分もの長尺CMなんてあるんですね。
ちょっとびっくり。
タグ:CM 定年 5分
nice!(107)  コメント(55) 
共通テーマ:blog

俳優 大滝秀治さん [その他]

またひとり、惜しい人が亡くなりました。
俳優 大滝秀治さん、87歳だったそうですね。
ご冥福をお祈りいたします。

大滝さんと言えば、イの一番に思い出されます。
おふくろが大好きだった・・・『うちのホンカン』(原作・脚本:倉本聰)。
当時、毎週欠かさず見ていた日曜の夜9時からの東芝日曜劇場ですね。
ご存知の方も多いことと思います。
『女と味噌汁』や『天国の父ちゃんこんにちは』などと同じ、
単発ドラマのシリーズ物でした。

ためしに検索してみました。
そうしたところ、奇特な方がいらっしゃるモンですねえ。
youtubeにはちゃんとアップされてました。
アップしてくれた方、本当にありがとうございます!




大滝さん、
正直に言うと、ぼくはお名前を「ひでじ」さんではなく、「しゅうじ」さんだと
長い間思ってました。申し訳ございませんでした。

大滝さん、
可笑しくないのに笑う、という場面では、もうピカイチだったと思います。
いや、その他の場面だって文句なしにピカイチでしたけど。

大滝さん、
ぼくは大変残念です。

nice!(108)  コメント(38) 
共通テーマ:blog

2012.08.15 終戦記念日 [その他]

今日も暑い一日でした。
67年前の8月15日も、やっぱり同じように暑かったのでしょうか?

未知なる太平洋戦争への思い。
どうして勝ち目の無い戦争に突き進んだのだろう?
途中のどこかで、手打ち(終戦)にすることは出来なかったのだろうか?
自分の命と引き換えの体当たり(特攻)なんて、そんなの無いよなあ・・・

いくら考えたって分からないことが堂々巡りします。
でも、ぼくはそれでもいいと、分からなくてもいいと思っています。
重要なのは、一年に一回だけど、このことをちゃんと考える時間を持つこと。
そのことこそが、過去へと繋がる唯一の道筋のような気がします。

戦争の話は、もっぱらオフクロとしかしたことがありません。
おやじと戦争の話なんか、したことなかったと思うなあ。
オフクロは言ってました、玉音放送は聴いたけど意味がまったく分からなかった。
それよりも本土決戦にどう備えるか、頭の中はそれでいっぱいだった、と。


皆さんの地域の護国神社でもそうでしょうか、今、福岡の護国神社では
勇敢だった英霊への感謝のお祭り、「みたま祭り」が行われています。
まだ若かった頃、「みたま祭り」の意味も分からず、ただただ提灯がきれいだから
という理由で、デートの場所に護国神社をチョイスしていたことを白状します。

今日、現役閣僚2人が靖国参拝をしたとニュースになってましたね。
若い頃は護国神社が何たるかも知らず、もちろん全国にある護国神社の総本山が
靖国神社だということも分からず、「みたま祭り」に参加してました。
そういうことだったのか・・・後になって知ることって、実に多いですよね。

でも百歩譲って、意味を知らなくても、結果オーライだったような気がします。
ぼくたちのために戦ってくれた英霊に手を合わせたことは、結果的だったとは言え
今にして思えば実に良かった。
・・・つくづくそう思っています。

nice!(107)  コメント(46) 
共通テーマ:blog

とある場所の、とあるもの [その他]

「あっ!」
見つけた時、図らずも出た自分の声に驚いた。
梅雨の空気が重すぎて、直前まではちょっとうつむき加減だったけど、
一瞬にして空気も軽やか、何だかとても嬉しい気分になった。

とある場所で見つけた、電飾のサインです。
右上にちらっと見えているものから想像出来るとおり、
このお店はバイク屋さんだったと思います。

IMGP0710r.JPG

ぼくは2Kさんの実像を存じ上げているわけではないけれど、
もうかなり長い間、彼の記事を読み続けているからか、
何となく、どんな人なのかが分かるような気がしています。
まあ、時々外れちゃうこともあるけどね。(笑)

いやあ、しかし。
たったこれぐらいのことで、どうしてこんなに嬉しくなるのか不思議だね。
我ながらアホ丸出しの記事を書いてることまで、今はちょっと嬉しい。
人間の脳みそって、きっと不可思議な物体で満たされてるんだと思います!(笑)
2Kさん、許可もなく記事にしてしまい、誠に申し訳ございません!


ついでに、もうひとつ。
これはJRで吉塚から博多へ向かう途中、右手に見える横断幕です。
もう、かれこれ数年前から掛かってる横断幕だから、アップしてる物好きが
誰かひとりぐらいは居るだろうと思ったけど、あに図らんや、検索しても
見つからなかった。みんな朝は寝てるし、帰りは夜だからかなあ?

IMGP0705r.JPG

昔のCMにありましたよね。
上から読んでも山本山、下から読んでも山本山。
こういうのを「回文」と言うんだそうです。
面白いのが目白押しですよ。ひらがなにして読んでみて下さい。

・「死にたくなるよ」と夜泣くタニシ
・乾電池付きでキッチン電化
・「冷めたのね?」「金のためさ!」
・寝ている私に何した?悪い手ね!

さて、件の「よのなかなかなかなのよ」。
世の中は、果たして本当になかなかなのか、否か?
ぼくは、結構、なかなかなんじゃないかと思うんですけどねえ。
皆さんのご意見や如何に?^^
nice!(134)  コメント(71) 
共通テーマ:blog

紫陽花のころ [その他]

120602_125045r.JPG

誕生日、おめでとう!
今日6月14日は、亡くなったおふくろの誕生日です。
おふくろは昭和5年生まれだったから、25を足して・・・西暦1930年。
生きていれば、今日で満82歳だったんだね。

おふくろが亡くなって26年が過ぎ、あっという間に来た27年目。
そして、おふくろとともに流れた時の中に居た32年と11ヶ月。
色々なことを感じて、色々なことを思ったんだろうなあ。
全部が全部は思い出せないけど、でも、たくさんのことが思い出されます。

おふくろの生まれ月って、紫陽花のころだったんだね。
なぜか今ごろになってそんなことを思ったよ。
あれから何十回も季節はめぐってるのに、今までそんなことを考えたことがなかった。
何だかすごくマヌケな話だよねえ。(笑)

毎年毎年、今日が来ると、必ず脳裏をよぎります。
もっと長生きして欲しかったなあ。
もっともっと親孝行の真似事をさせて欲しかったなあ。
ま、人それぞれの天寿だから、言っても仕方のないことなんだけどね。
nice!(66)  コメント(40) 
共通テーマ:blog

若いツバメ [その他]

こんなに更新しないページに、毎日たくさんのご訪問をいただいておりまして
誠に心苦しい限り&本当にありがとうございます!
いつも来ていただきながら、その度に「ちっ、また更新してないよ・・・ったく!」
てな怒りのお言葉が耳元まで聞こえて来そうであります。^^;

IMGP0535rt.JPG

ツバメの巣を久しぶりに見ました。
ぼくが子供の頃は、どこにでも普通にありましたけどね。
でもそうかあ、梅雨前の今時分のことだったんだなあ。
もう何十年も前の話だから、つい忘れてましたよ。(笑)

こんなに狭い巣の中に、よく見ると5羽の子ツバメがひしめき合っていました。
落ちてしまうのではないかとヒヤヒヤしましたが、なかなかどうして。
子ツバメなりに考えて頭と尻尾の向きを変えながら、押しくら饅頭しながらも
何だか余裕のよっちゃんの表情に見えます。

ぼくが巣に近づくことを、親ツバメがしきりに気にしていました。
警戒しているのか、なかなかエサを捕りに行かず、巣の近くを旋回するばかり。
こっちとしては、親ツバメが子ツバメにエサをやるところを撮りたいんだけど。
親ツバメが近づくや、一斉に開く子ツバメの黄色いクチバシが印象的でした。

さて、本日のサブタイトルは「若いツバメ」であります。
この言葉、今から大体100年ほど前に生まれた言葉のようです。
「若いツバメ」という言葉は、平塚雷鳥と5歳年下の奥村博史という画家との
恋愛から生まれたもののようですが、この2人の関係は一般に言われるような
「年上の女性とその愛人である若い男性」というものではありませんでした。

雷鳥(らいてう)は与謝野晶子や岡本かの子よりも少し優しいイメージかなあ?
日本版のジョルジュ・サンドってとこ?
興味をお持ちの方はこちらからどうぞ。^^;
nice!(88)  コメント(50) 
共通テーマ:blog