So-net無料ブログ作成
検索選択

2014 今年の採点 [採点]

大晦日の夜になりました。
今日は強風の上に時々雷も鳴り響き、あられまで降っておりました。
明日以降も荒天に見舞われそうですねえ。

さて、2014年は反省点の多い年でした。
ここ5年ぐらいの中では、最も不甲斐ない年だったのではないか?
考えることばかりが多く、結果的に動きに乏しく、必然的に成果は極めて低調。
不本意にも程がある。実態は給料泥棒にも等しい情けない1年でした。

プライベートはそこそこ充実していたものの、まだ現役を続けるつもりならば、
まずはキッチリと仕事で結果を出さねば。
そのことをしっかりと肝に銘じて2014年を見送りたいと思います。
来年こそは倍返しするぞっ!!!

■2014年の採点:72点 ※前年比マイナス20点

ま、だけど、これだけ出来が悪かったのに、まだ72点もあるなんて。
まだまだ捨てたモンじゃないのかもしれないなァ。
来年は本当に勝負の年だと思って取り組みたいと思います。


140913_151953.jpg


■2014年の5大ニュース(覚え書き)

第5位:
ニセモノばかりの世相。
何とか河内さんだとか、「STAP細胞はあります!」クンだとか。
しかし、何とか河内さんもSTAP詐欺師クンも生粋のニセモノだったけど、
一番醜いニセモノは飛鳥だったと思う。
ちょっと言葉が見つからない。あまりにも酷い。怒り心頭。
チャゲが可哀想すぎる。

第4位:
加速する嫌韓・嫌中。
これについては、今さらぼくが言うべきことなど何も無いと思う。
日本にとって不幸なのは、近隣に中国と朝鮮があること(福沢諭吉『脱亜論』)。
・・・まさに。

第3位:
還暦記念の初マラソンを無事完走。
今年、数少なかった楽しい記憶のひとつ。
来年も走ろうかなあ、はるかぜマラソン。

第2位:
福岡SBホークス日本一!
2014年最大の嬉しいニュース!!
秋山ありがとう&お疲れさま♪

第1位:
朝日新聞との決別。
2014年を端的に言えば、これに尽きる気がする。
朝日新聞は、ぼくの一部分といっても過言ではなかった。
父が朝日新聞の関係者であったことから、幼い頃から朝日は身近だった。
明確な記憶にあるだけでも、朝日との付き合いは軽く50年以上。
しかし、例の記者会見を見て愕然としてしまった。
こんなヤツらが作っていた新聞だったのか・・・あまりにも酷い!
朝日と過ごして来た50年が、音を立てて瓦解した。
情けないというよりも、圧倒的に悲しかった。
自分の人格を自分で全否定しているような錯覚にも陥った。
それでも、朝日との決別を自らに納得させるのに2週間以上かかった。


楽しかったことよりも、辛いことのほうが多かった2014年も残り数時間です。
来年は絶対にいい年にしなくっちゃ男が廃る!
さらばじゃ、2014年!!
nice!(74)  コメント(35)