So-net無料ブログ作成
検索選択

2014 終戦記念日 [その他]

8月15日、終戦記念日。
もう69回目にもなるんだそうですね。
普段はチャランポランな私ですが、今日だけは、少なくともこの日だけは背筋をピンとして、
しばし昭和20年のこの日を心に刻みつつ、静かに迎えたい気持ちになります。

8月15日と言えば、我が街ではお盆の最終日。
ご先祖さまの帰路を照らす送り火を焚く日です。
今さらながら、そんな日が終戦の日だったんだなあ・・・そんな思いです。
蝉が狂ったように鳴き、灼熱の陽射しが照りつける盛夏。
そんな中の無念の終戦だったのですね。

140713_154223.jpg
(2014年7月13日(日) ひまわり畑は去年の3倍! ジョギング中に足休めに撮影)

土日にジョギングしてて思うのは、去年よりも今年はひまわり畑が多いということと
飛んでいるトンボの数が妙に多いということです。
もう1ヶ月も前になるとは恐ろしい、上の写真はジョギングコース上のひまわり畑です。
どういうわけか今年はひまわり畑が多く、去年の3倍以上の作付けのように思います。
稲作を連作すると問題があるとかで、ひまわりを植えるのでしょうか?
ご存知の方、是非ともご教示を!


さて、今日は朝から不愉快でした。それは何故か?
朝一番から、「敗戦記念日」という極めて不謹慎な言葉を耳にしたからです。
終戦記念日を、どうして殊更のように「敗戦記念日」などと言いたいのでしょうか?
生への願いも空しく、命を捧げてくれた英霊たちがこれを聞いたらどう感じるでしょう?
私には到底理解ができません。
こんな言われ方、とても許すことができない。悔しくてなりません。

「敗戦記念日」という言い方をする人たちには、共通点があるように思います。
自分は何でも知っている(知識階級)という滑稽なほどの思い上がりからなのか、
その言葉は往々にして「上から目線」で発せられます。
彼らが何を知っているのか、その上から目線の根拠は一体何なのか?
とは言え疑問に思うだけで、彼らの弁解を聞きたいわけではありませんが。

夕方になると、今度は相も変わらず閣僚・議員たちの靖国参拝のニュース。
そして、それらに対する北京のリアクション云々・・・
もう本当にいい加減にして欲しい。
自分たちの祖国を守るために戦って命を落とした英霊にお参りすることが
どうしてニュースになる(ニュースにする)のか?
お前ら、一体どこの国の人間なんだ?!


あ、いけませんね。
神聖なる英霊たちへの感謝の日である終戦記念日に、こんな低俗なことを書いては。
礼を知らない奴らと同じ土俵に上ってどうするつもりだ?!(笑)

両親のため、兄弟のため、そしてそんな愛する人たちが住む祖国のために、
たったひとつしかない命を捧げてくれた英霊たちに、心静かに合掌。
どうぞ安らかにお眠り下さい。
nice!(142)  コメント(38)