So-net無料ブログ作成

2012 今年の採点 [採点]

今年の採点は極めて難しい。
何だかんだ言っても、去年の採点は簡単だった。

減点法は嫌いだ。加点法も好きではない。
さて、どうするか。去年は88点だった。それに比べてどうか?
そういう基準で考えてみたいと思う。

IMGP0215r.JPG
(富士山:2012年3月20日撮影)

■2012年の採点:89点

そこそこ頑張ったと去年も自分を褒めましたが、今年は去年よりも更に上。
だから1点増しです。その結果、89点ということになりました。
嬉しいです。率直に言って非常に嬉しく思います。

2012年。
辛いこともありましたが、ぼくにとっては近年にないほどの意味のある年でした。
いよいよ来年(正確には来年度)は、サラリーマン生活最後の年となります。
最後まで、しっかりと頑張りたいと思います。


ところで、先月ぐらいから考えてました。
皆さんからいただいたコメントで、今年一番心に残っているものをご披露しよう、と。

そもそもぼくのページは、本文記事はきっかけに過ぎない場合がほとんどです。
アップした時は何ということもなかった記事が、その後の皆さんのコメントによって
ちゃんとした一人前の記事に昇華する・・・
そういうパターンがいかに多いかは、過去ページを見ていただければ一目瞭然です。

前置きが長くなりました。
そんな未熟な記事ばかりのぼくのページの中でも、一際異彩を放っているのが
このページでした。

58歳の挑戦とは何か?

本文はごくごく短い上に、大部分がシティバンクの広告用コピーの引用です。
ほとんど記事の体を為していないと言っていいこのページ、その代わりと言っては
なんですが、皆さんが寄せてくれたコメントはまさに秀逸なものばかりです。
その中のひとつ、16番目のコメントの中にあるこのフレーズには感動しました。

「もう歳だからできなくて当たり前と思わない自分でずっといたい♪」

ぼくの年代で、こういう意識を持っていない人は、ほとんどいないと思います。
多くの人々の心の中にありながら、その姿が何だかモヤモヤとしているからか、
ここまで簡潔で平易に言い表しているのを、ぼくは初めて見た気がしました。
語尾の♪にも、思わずニヤリとしてしまいます。

めい先輩、ありがとうございます!
めい先輩のこのコメントの後押しのお陰で、意識的な整理は進みました。
その結果、去年よりも1点増しの評点に繋がったのだと思います。
本当に感謝しています。


さて、ソネブロの皆さま。
まるで10年以上前の骨董システムのようなレスポンスの so-netブログでも、
こんなにも多くの人々が集っているのは、ひとえに利用者の人柄でしょう。
イライラすることは多いですが、我慢しましょうね、皆さん!(笑)
2012年は本当にありがとうございました。
そして来たるべき2013年も、引き続きよろしくお願いします!
では皆さん、良いお年を♪♪
nice!(80)  コメント(59) 
共通テーマ:blog

米長邦雄さん逝く [将棋]

日本将棋連盟会長の米長邦雄さんが、今日18日朝、天国へ召されたそうです。
69歳の生涯はあまりにも短く、惜しい。
大ファンのぼくは悔しくて、悲しくて、もうほとんど言葉がありません。

永世棋聖、初の50代名人、コンピュータとの平手対戦に敗れた元名人・・・など、
米長さんを紹介するフレーズは、実に数多い。
だけど、どれをとっても、ぼくにはまったく事足りていない気がします。

「兄たちは頭が悪かったので、仕方なく東大に行ったんですね。
 でも、ぼくは頭が良かったから将棋指しになりました。(笑)」

有名なこのセリフ、決して奢らない米長さんだったからこそ許されました。
人間味あふれる、ジョークが好きな、洒落たハイセンスなおじさん・・・
それがぼくの大好きな米長邦雄でした。

米長さんと言えば、恐らく現代将棋で最も有名な手である5二銀の解説!
そうです、あまりにも有名な'89年のNHK杯、加藤(一)vs羽生戦。
こんな鬼手が飛び出した名局の解説が米長さんだったのも、何かの因縁ですよね。
やっぱり人徳じゃないかなァ。



米長さんの棋風は、とにかく前へ前へ。
少々無理筋でも、勝負所と見るやグイグイ突進する気っぷの良さ。
そうかと思えば、米長玉(9八玉)に代表される無類の粘り腰も兼ね備える。
ひとことで言えば、ファンサービス精神にあふれる棋士だったと思います。

「いずれ、あの男がやって来る」

後の七冠男・羽生善治に早くから注目し、「名人の器」と言っていましたよね。
ご自分の子供のような年齢の若手棋士に「教えを請う」と言って憚らないスタンスは
それまでの将棋界にはなかったものだったのではないでしょうか?

ああ、しかし。
今となっては、何を言っても空しい気がします。
最後に、絶筆となった米長さんのHPの記事を記念に貼り付けさせていただいて、
大好きな大好きな米長さんとお別れしたいと思います。


-------------<『米長邦雄の家』まじめな私 より転載>-------------

■最後の時(2)(2012.12.2)

 最後の時。先週こういう出だしだったもんで、心配してくれた知人、友人が
多かったです。その中でも忠告してくれる人がいて、告別式のあり方、不謹慎
なお墓などは止めた方がいいという、超真面目な人が居りました。
以後氣をつけます。

 人生は必ずいつか終わるもの。どのような形で投了するのか、あるいは投了
させられるのか。最近はそんなことを考えるのが多いのも又事実です。痛みも
なく苦しみもなく、寿命を全うできれば、これが一番幸せではないかと思い至る
ようになりました。
 悟りを開いた高僧になった訳ではありませんが、「人生すべて感謝である」
これが今の心境です。私はガンを患っていますが、これもことの成りゆきで、
人生はなるようにしかならないのだと達観しております。
 しかし、人生の達人にお会いして、それではまだだめだと教えられました。
この世には無駄なことは何もなく、ガンになったことすら感謝すべきであると
諭され、はっと氣づかされました。
 私自身の人生を振り返ってみると、60才までの勝負師人生、その後の経営
者としての人生に分けられるような氣がします。60才までのことは大方の人が
知っていることでしょうから、60過ぎからの会長職としての仕事の成果、内容、
等々を書き綴ってゆきたいと思います。

 次いで、俗人の生前指示についても書いておきたい。相続、告別式の手配
等です。全てが感謝といっても、やっぱり俗人ゆえに葬式に来てもらいたくない
という人間がいます。これをインターネットで公表していいものかどうか
(ま、そんなことはしませんけどね)。この感情も含めて、感謝なのでしょうか。
nice!(99)  コメント(40) 
共通テーマ:blog

おふくろとハンバーグ [昔話]

ちびっ子の好きな食べ物ベスト3に必ず入るらしい、ハンバーグ。
ぼくが初めて食べたのは、いつ頃のことなんだろう?
食べ物の記憶って、他の記憶に比べて、何だかすごくボンヤリとしていませんか?
ぼくだけかなあ? そんなことないと思うけど。

うっすらとした記憶を辿ると、恐らく中学生の終わり頃じゃないかという気がします。
しばらくの間は、おふくろが作るハンバーグを食べていたのを憶えています。
高校生の時は弁当にも入ってたから、嫌いじゃなかったんでしょうね。
しかし大学生になり、状況は一変します。

121120_115718r.JPG
(写真は唐津市のステーキハウス蜂のハンバーグステーキ、ジャポネソース)

昭和47年('72年)、大学生になったぼくはアルバイトに燃えておりました。
色々なバイトに精を出しましたが、その中でも長く続いた(条件の良かった)のが、
西鉄グランドホテルの中にあった洋食屋さんの皿洗いでした。
当時から既に食洗機が導入されており、仕事はラクチンそのものでした。

夕方からのシフトで、0時ごろまでの拘束。時給はいくらだったかなあ?(失念)
ここでは食事の提供がありました。いわゆる、「まかないご飯」というヤツですね。
そこで出てきたハンバーグ、ひとくち食べてぶったまげた。
おふくろが作ったヤツと全然違う、違うにも程がある!!

恐らく、外食でハンバーグなど食べたことがなかったのでしょうね。
洋食屋さんのまかないで出てきたハンバーグが、一体どんな味だったのか?
今はもう忘却の彼方ですが、少なくとも、おふくろのヤツとは天と地ほど違ってた。
それは疑いようがありませんでした。帰宅後、さっそくおふくろに報告。
(詳細は忘れました。多分、こんなやりとりだったと思う)

ぼく:お母さん、うちのハンバーグ、おかしくない?
おふくろ:どしたの?
ぼ:バイト先で食べたら、いつものと全然感じが違ってた。
お:どういう風に?
ぼ:どういう風にって、すご~く旨かった。うちのおかしいよ!
お:・・・。
ぼ:うちのって、ハンバーグと言うよりも、肉団子を焼いたヤツって感じ。
お:・・・。
ぼ:お母さん、うちのはハンバーグじゃないよ。あれは肉団子・・・
お:そんなこと言うんなら、もう食べんでいいっ!(怒)

おふくろ、珍しく怒りました。
「食べんでいいっ!」という言葉を聞いて、ハッと我に返りましたが、時すでに遅し。
その後、ぼくがいる時の食卓には、二度とハンバーグが上ることはありませんでした。
今にして思えば、おふくろも強情だったなあと思います。

「お兄ちゃんはね、好きんしゃれんと」(=お好きじゃないのよ)

後から聞いたのですが、おふくろは妹にこう言っていたらしい。
「好きんしゃれん」(=お好きじゃない)というのは、ややイヤミが込められた言葉です。
ぼくがいない時には食卓に上っていたようだから、おふくろは食べたかったんでしょうね、
・・・あの焼き肉団子!(笑)

先日、カミさんにこの話をしたら、仏壇から怒って出てくるよ・・・と言ってました。
そんなことで出てきてくれるんなら、何度でも言おうかなあ。
おふくろ、肉団子を焼いたハンバーグ、もう1回食わしてくれー!^^;
nice!(104)  コメント(76) 
共通テーマ:blog