So-net無料ブログ作成

風薫る五月 [暮らし]

IMGP0239r.JPG

このブログにも何度となく登場している庭の白モクレンなんですが、
これじゃあ何が何だか? ただの葉っぱの集合体ですね。(笑)
ふと気がつけば、いつの間にやらこんなことになっております。
まったく植物の成長の速いこと速いこと。本当に目を見張るばかりです。

五月の風は爽やか、ちょっと動くと汗ばむほどですね。
最大9連休という声も聞かれた2012年のGWも、今日で終わり。
いつもながら、終わってみればあっという間ですねえ、連休って。
今年も結局、何もせずに、何もできずに終わりました。
計画は色々あったんだけどなあ。^^;

IMGP0242r.JPG

こちらは近くの街路樹周辺に咲いてるツツジです。
こっちもいつの間にかって感じだなあ。もう満開を少し過ぎたかもしれませんね。
近所の街路樹は良く整備されていて、ほとんどツツジロードって感じになってます。
北部九州では久留米ツツジが有名ですが、これなら地元のツツジで十分!(笑)


ここ5年ぐらいでしょうか、身の回りの植物が気になり始めました。
周辺の植物が気になり始めると、色々な草花が本当に入れ替わり立ち代わり、
ぼくたちの気持ちを和らげてくれているのが良く分かるようになりました。
ありがたいことだなあ、と思いますね。

モノ言わぬ植物・花たちだけど、一所懸命に語りかけているようで実に愛らしい。
花の名前や色・形・大きさ。どんな花がどんな季節に咲いているのか?
普通の人が持っている知識の1/10ぐらいしかぼくは持ち合わせていませんが、
知らなくても、分からなくても、愛らしさに変わりはありません。

こんなことは、五十になるまではまったく考えたことがありませんでした。
恥ずかしながら、何と余裕の無い人生を送っていたのだろうと驚きつつ、
そんなことに今頃気づくのかと呆れながら、そうは言っても、気づかないよりは
随分マシなんじゃないかと思い直してみたり。
モノは言いよう、考えようです。^^ゞ

何事も見ようとしなければ決して見えない、ということなんでしょうね。
花は変わらず咲き続けていたと思いますが、ぼくは長い間見ようとしなかった。
目には入っていたのでしょうが、まったく見えていなかったのだと思います。
でも今は、はっきりと見えますよ。見えすぎて困るぐらい!^^;
nice!(131)  コメント(85) 
共通テーマ:blog