So-net無料ブログ作成
検索選択

For my happy spring day ! [その他]

今日は一応、職場の最終日。
でも実際には、もう一日ぐらい出なきゃいけないんですが。
何しろ段取りが悪いですから。(^^;

それはいいとして。
終業後、2人の若い娘たちが別れを惜しんでくれました。
何とも言えない、実に微妙な心持ちです。

110329_004849.JPG

しかし確実に言えることが、少なくともひとつはあります。
それは彼女たちに、ぼくの存在が何かしらの意味があったのだろうということ。
このトシになると、こういうことは何にも増して実に嬉しい。
なぜなら、自分自身の存在を確かめることができるからです。

おじさん族の習性としては、こういうことには素直にリアクションできません。
だけどね、こういうことを一番喜ぶのも、おじさん族なんだよ。
何たって、その気持ちは何物にも代え難いものがあるからね。
ただ、その辺りはなかなか説明が難しんだよなあ。

以上、とっても嬉しかったので記事にしてみました。
読者の皆さん、誠に申し訳ありません。
K&H、本当にありがとう!
nice!(47)  コメント(34) 

4年半ありがとう [部屋の中の色々]

ホームへの復帰に伴い、先週ぐらいから少しずつ荷物の整理をしておりますが、
これがまったく捗りません。今日も午後から気合入れてやろうと思ってましたが、
成果は相変わらずの有様です。

いったい何が原因なのか?

それはですね、整理しようとする対象物によっては、この4年半の反芻を促す
脳内物質が分泌され、作業にブレーキをかけてしまうことが主因です。
その結果、片付けではなく逆に散らかし、どうかすると全然別のことが始まる。

今日の午後からは大モノの箱詰めを予定しておりました。
オークションに出す予定だった電子ピアノも、結局、時間が無くて作業できず、
一旦福岡に持ち帰るしかなくなってしまったので、バラして元箱にしまう予定
だったのですが・・・

110327_190324.JPG

バラす前に、最後のご機嫌伺いぐらいは当然の礼儀であろう。
・・・なんて考え始めたのが運のツキ。あれも弾きたい、これも弾きたい。
あの楽譜はどこに仕舞ったかな?と探したら、予定外の楽譜まで出てくる。
ひとたび欲求が生まれるや膨らみ続け、気がつけばほとんどエンドレスに。
このところご無沙汰だったから指が動かず、仕舞いには練習まで始まる始末。(^^;

前回は6年半だったから、4年半の思い出なんて大したこと無いと思ってましたが、
実際にはそんなことは無いってことが身に沁みるこの土日でした。
部屋の中の至るところに、4年半の痕跡が残っています。
そのどれもこれもが、簡単に片付けられるのを嫌がっているような態度です。

とは言え、もうすぐ8時だ。
飯も食ってない、風呂にも入ってない、もちろん一杯もやっていない。
その上、梱包しかけのダンボールが、キッチンにまでもゴロゴロしてる。
うーむ、ちょっとこりゃピンチだ。(こんなのを書いてる場合ではない)
nice!(27)  コメント(12) 

日本はひとつのチーム [その他]

ACのCMは種類が少ない上に、半端じゃない放送量だから、少々食傷気味。
だけど、最近は種類も増えました。本当にいいメッセージで溢れてますね。
そんな中、詳しくありませんが、ドイツはブンデスリーガで活躍する内田選手のコメント。

「ひとり一人ができることをやりましょう。日本がひとつのチームなんです」

素晴らしい!!
いいこと言うよなあ、本当にそう思うなあ。
ぼくもチームの一員として、できることを頑張ります!
・・・って、いいおっさんが言うセリフじゃないけど。(^^ゞ
nice!(21)  コメント(4) 

生きるということ [その他]

先ほど、瓦礫の中から、お二人が救出されたとのビッグニュースが!!
10日ぶりとのこと。どういう状況だったのか、まったく分かりませんが、凄い!の一言。
水や食料はもちろんのこと、あの寒さをどうやって凌がれたのでしょう。
人間って凄いなあ。驚くとともに、本当に感動しました。

一方、今や千人規模に戻ったという“Fukushima50”の皆さん。
東電関連会社(現場系)をメインに、消防、自衛隊などから派遣された熱き精鋭たちです。
醜態を晒し続けた東電やJRの幹部に、彼らの爪の垢でも飲ませてやりたい。
そう思うのはぼくだけではないでしょう。

他方、首都圏のモノ不足は急速に解消されると思います。
それよりも個人的に心配なのは、報道されているホウレン草と牛乳の風評被害です。
地震と原発不安の二重苦でやっと生きている所へ、風評被害までが及んではあまりに酷すぎる。
もし本当に危険なら、国(行政)が責任を持って判断し、絶対に出荷させない。
その代わり、安全な範囲と判断したら注視しながら出荷を認め、みんなもそれを決して拒否しない。
そんな決断と勇気が必要ではないでしょうか。

今、大切なことは、自分だけの勝手な判断で動かないこと。
自分の生きるということと、他人の生きるということに真摯に向き合うことだと思います。
被災地の避難所周辺では、それが見事に粛々と行なわれているそうです。
人間って、日本人って、本当に本当に凄いと思います。


PS:
夕方、olivedさんの「無事です」との書き込みを見つけて、ひと安心。
多くの方が犠牲になられている時に不謹慎かもしれませんが、本当に良かったと思いました。
nice!(28)  コメント(14) 

被災された皆さま、お見舞い申し上げます [その他]

3月11日、14時46分。
その時、たまたま去年まで居た、品川オフィスの1Fに所用で来ていました。
エレベータの上ボタンを押して、エレベータが到着し、まさに扉が開いたその瞬間でした。

「地震です。すぐにエレベータを降りて非難してください」

同時に、エレベータの内部照明が消えました。
しかし、エレベータの自動音声案内が発する警告は違和感でいっぱい。
なぜなら、地震の揺れなど微塵も感じなかったからです。

ところがその数秒後、小さな横揺れが始まり、それは次第に大きくなりました。
ビルが免震構造であることも手伝って、随分長い間横揺れが続きました。
入り口周辺にある人工池の水が大きく揺れ、打ち寄せる波のように周囲を水浸しにしました。

居た場所がエレベータホールだったので、特に安全を求めて非難する必要はありませんでした。
一般に、エレベータホールは耐力構造物で囲まれており、安全性の高い場所だからです。
ややあって、外に出ている誰かが叫ぶ声が聞こえました。

「駅ビルが揺れてるぞ!」

すぐに見に行くと、隣にあるJR品川駅ビルの上部が大きくゆっくりと揺れてました。
地震で揺れるビルを肉眼で見たのは初めて。とても驚きました。

目視で確認する限り、品川近辺では、被害は軽微な範囲であったと思います。
しかし刻々と伝えられる情報によると、三陸沖の津波の高さは聞いたことも無いような異常な数値。
大きな被害が出ているだろうと思ったものの、ここまで酷いとはその時には思いませんでした。

昨夜は情報収集もあって、23時まで会社にいました。
外を見ると、いつまで経っても動かない車の列に、多くの人の歩く姿が絶えません。
日付が変わっても道路は相変わらずの大渋滞。歩道も多くの歩行者で大混雑でした。
私も約2時間かけて歩き、午前1時過ぎに帰り着きました。

我が家は何事もありませんでした。
被災された方々には、おかけする言葉もありません。
1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
nice!(32)  コメント(26) 

覗いてきました、JR博多シティ [その他]

110306_165953.JPG

(お断り)
福岡のローカルねたです。
大多数の方はどうでもいい話題です。どうぞスルーして下さいまし。
すいませ~ん!

写真は大時計を裏から見た図です。
JR博多シティのシンボルである大時計を建物側(カフェテラス)から見ると、
こんな風に見えました。
5階にあるこの大時計裏のお店、案の定、長蛇の列が出来てました。
至近の席に陣取って、ゆっくり眺めてみたいなあ。

いつもよりも40分ぐらい早く家を出て、ちょいと偵察して参りました。
まあ人の多いこと多いこと! 日曜の17時と言えば、もう家路の時間だけどなあ。
皆さん、口々に仰っておりましたよ。
「多いねえ」
・・・いや、確かに。昨日の入場者が32万人と新聞に出てましたから、
今日もきっと似たような人出だったんでしょうね。
福岡はモノ好きが多いよ。(←お前もな^^)

すご~く広大なフロアです。
何回か行かないと、全部を見ることはとても不可能。
ま、全部を見る必要も無いと思いますけどね。(^^;
低層から中層階ぐらいまでは、妙にファッション雑貨の店が多い。
あんなに同じような店ばかりだと共存共栄が難しくないのかなあ?
8階には丸善が入ってました。近くの紀伊国屋は大ピンチ?

9階、10階のレストラン街「くうてん」(食べてみて!って意味)の雰囲気は
なかなか良かった。次回は実際に何か食べてみたいなあ。
雨ニモ負ケズ、屋上庭園にも数多くの気合の入ったお客さんたち。
天気だったら良かったのにねえ。

1時間ぐらいウロウロ。なかなか楽しかった。(^^ゞ
nice!(30)  コメント(17) 

ぽかぽか陽気と「恋はデジャ・ブ」 [暮らし]

110305_140721.JPG

今日の福岡はとてもいい天気でした。
写真は14時過ぎ、庭の白モクレンです。

昨年末、カミさんにズタズタに切り刻まれたけど、今は元気に復活!
日差しを全身に浴びて、「もちろん元気だよ!」って言ってるみたいです。
何と言うか、春の息吹を感じますねえ。

明日は啓蟄。
北米にも、春を待つ似たような発想(動物に託す)がありますよね。
“グランドホッグ・デー”(聖燭節)。

で、グランドホッグ・デーと言えば、映画「恋はデジャ・ブ」。
毎日同じ日が繰り返され、永久に明日が来ないという悲しい?お話。
ビル・マーレイがなかなかいい味出してます。

「蒲生邸事件」は二・二六事件当日にタイムトラベルしますが、
「恋はデジャ・ブ」では毎日今朝にタイムトリップします。
未見の方はよろしければ是非!(^^
nice!(23)  コメント(6)