So-net無料ブログ作成
検索選択

味噌ラーメン [今日の料理]



豚骨でもなく、塩でもなく、醤油でもない。
味噌ラーメンである。
パッケージには「札幌味噌ラーメン」とあったが、
よく見ると製麺所は旭川所在のようだ。

麺は乾麺。パッケージには「熟成麺」と書いてある。
シート状の麺の親を延ばして丸め、寝かせるのだそうだ。
その後、細切りの麺の状態にして低温乾燥させたのだとか。
まあ、そんなことはどうでも良い。
問題は旨いかどうかだ。

ポイントは別に炒めた挽肉だと思う。
味噌スープと炒めた挽肉は誠にグーである。
とん汁にどこか通ずるものがあるかもしれない。
手許に適当な野菜がなく、入れたのはタマネギとニンジン、
それにモヤシだけだったが、シンプルで却って良かった。

難点を探せば、麺の茹で時間(指示は4分)がやや長かった
ような気がすること。次回があれば、3分半で試したい。
それと長ネギを忘れないようにしないと。
でも、ま、旨かったっす。

<味噌ラーメン>
・札幌味噌ラーメン:藤原製麺
・挽肉:50gぐらい
・タマネギ:1/4個
・ニンジン:ちょびっと
・モヤシ:軽くひとつかみ
nice!(2)  コメント(33) 

新しい友は古い友人 [部屋の中の色々]



ぼくとピアノとの付き合いは、実はもう40年近いです。
元々は、妹のために親が買い与えたものでした。
だけど妹が弾かなくなってからは、ぼくの友達になりました。
結婚して引っ越す時、どうしようかと思いましたが
やっぱり手放すことは出来ませんでした。

単身赴任の1回目。実家のピアノを持っては行けないので
電子ピアノを買いました。
戻ってからは、娘が使うようになりました。
単身赴任2回目。仕方がないので、また買いました。
それがこいつです。もう3年選手になりました。

タバコが35年ですから、タバコよりも古い友人です。
もちろん、代替わりしているから同じものではありませんが
ぼくの心を支え続けてくれています。
色々な楽器に浮気しましたが、こいつが一番ぼくには合っている
ような気がします。

今度戻ったら、どこに置こうかな?(^^;
nice!(4)  コメント(8) 

駅の喫煙室 [何だこりゃ?]



前回は博多駅でしたが、今回は小倉駅。
いつか撮ったよなあ、と思って探してみました。
やっと見つかりましたよ(見つからなくてもいいのに)。
8月と言うから夏だったんだなあ。(^^ゞ

小倉駅2番ホームは、下関方面行きの乗り場です。
この手前はうどん屋さんだったと思いますね、確か。
おすすめは、ごぼう天うどんです。400円。(^^

タバコとの付き合いは、かれこれもう35年。
考えてみれば、カミさんとの付き合いよりも古い。
タバコよりも付き合いが古いものと言えば何でしょう?
自分自身と数人の友人、それと楽器ぐらいのもの?

就職して10数年、自分のデスクでタバコが吸えました。
古き良き時代だったと思いますね。
それが屋内の喫煙室になり、今や屋外が当たり前。
そろそろ潮時なんでしょうかね、哀しいけど。
nice!(2)  コメント(12) 

神さま、仏さま、JR九州さま [何だこりゃ?]



もう何も言うまい。
我々喫煙族には住みにくい世の中。
だけどJR九州さんは違いますよ。
こんな立派な喫煙室を用意してるんだから。
そう言えば、小倉駅にも似たようなのがあったなあ。

ぼくは400円になったって、500円になったって、
いや千円になっても絶対にやめませんからね。
タバコ農家に幸あれ!
JT、応援してるからな!!
nice!(1)  コメント(17) 

冬のもみじ [一服タイム]



今年初めての公園喫煙所。
さすがに寒いので、人影もまばらです。
寒いからタバコの本数も減り勝ち。
寒いって、健康にいいのかも?(笑)

“冬のもみじ”って書いたら、“冬の運動会”を思い出した。
“思い出カップ”と聞けば“思い出トランプ”を思い出すし。
やっぱり正月は向田邦子モード全開だなあ。
胸元のボタンを几帳面に全部とめる田中裕子が演じるような女性、
いいなあ。

あ、何の話をしてるんでしょうね。
酔っ払いだから、ご勘弁を。(^^ゞ
nice!(0)  コメント(3) 

特大かしわめし [何だこりゃ?]



北部九州人には、お馴染み「東筑軒のかしわめし」。
だけどこの大きさたるや、お相撲さん用かと思うほどの
超特大サイズです。
ギャル曽根ちゃんだったらペロッと行くかな?

しかし、こんなものがあるとは知らなかった。
面白いなあ。ちなみに、今年初めての食事はこれでした。
幸か不幸か。(笑)
nice!(1)  コメント(6) 

初日の出 [空]



フォトの皆さま
新年明けましておめでとうございます!
旧年中は色々とお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、想定外のことが次々に起こるもんで、
大晦日は赴任先でひとり年越しをするハメになりました。

というわけで、初日の出は東京で拝みました。
しかし、初日の出を屋内から見たのは初めて。
初日の出に送られながら、やっと帰省できました。
nice!(2)  コメント(44)