So-net無料ブログ作成
検索選択

2017 盛夏 [その他]

暑中お見舞い申し上げます。
ここぞとばかりの蝉しぐれの中、皆さま如何お過ごしでしょうか。

毎日暑いけど来週はお盆だもんなあ、暑いのも当たり前ですね。
でも、昔もお盆の頃は暑かったけど、エアコンなんてありませんでしたよね。
そうなんだよなあ、昔はこんな体温に近いような、品のない蒸し暑さじゃなかった
ような気がするんだけどなあ。ぼくの記憶違いなんでしょうか?

今日は8月6日、広島原爆の日でしたね。
70回目の広島原爆の日だった2年前の今日、広島球場で行われた広島ー阪神戦は
ぼくにとって今もって記憶に新しいです。
試合開始10分前、一塁線上に整列して静かに黙祷を捧げるカープの選手たちは
全員が背番号86、ネームはHIROSHIMAのユニフォームでしたよね。
今年ももうすぐお盆、そして終戦記念日なんですね。

広島と言えば25年ほど前、呉市に長期出張(約5ヶ月)していたことがありました。
今現在の呉にはまったく詳しくありませんが、当時の呉は中国地区の雄 広島市
をものともせず、「呉は呉じゃ!」という独立独歩の気概と迫力がありました。
地方都市が軒並み苦戦してる中、呉の今はどうなんだろうなあ・・
あ、今日はその話じゃなかった。(笑)

2017年、呉市。
7月最後の土曜日だった7月29日に行われた夏まつりの海上花火大会。
その広報PRのために5枚のポスターが作られたんだそうです。
テーマは「海と空と、ふたりの間に。」
ネットでは大評判のようだから、皆さん先刻ご承知かもしれません。
さすがに評判になるだけのことはあります、素晴らしい作品ばかりですよね。
今日はその内の3枚を記録しておきたいと思い、ここに貼ろうと思います。

まずは1枚目。 ※以下、クリックで拡大
呉_海上花火大会①.jpg
何とも微笑ましい。自分にもこんな時代があったなあ・・
そう感じる人が多いのでしょう、このポスターが一番人気なんだそうです。
今のようなよく分からない時代でも、こういうものが支持されるんですね。
そう考えると、何となく意味もなく嬉しかったりするなあ。

次、2枚目です。
呉_海上花火大会②.jpg
「憶えてるけど、言わねえよ」
これに類すること、あるよねえ。って言うか、多いよねえ(笑)。
気持ち、よ~く分かります。分かるけど・・「言わねえよ」。

そして、最後の3枚目。
呉_海上花火大会③.jpg
「息子は笑って、花火を見ている。
 おれは笑って、息子を見ている」
ぼくはね、実はこれが一番好きです。もう圧倒的に断然これが好き。
息子の腰を支えている父親の右腕が何とも言えません。


いいなあ、花火大会。
皆さん、花火大会にはもう行かれましたか?
ぼくはこのところ何年も行ってない気がします。
大きな花火大会じゃなくてもいいから、今年は行きたいかなあ。
ちょっと心が和む花火大会。
nice!(44)  コメント(30) 

nice! 44

コメント 30

mutumin

どれもいいなぁ~
私もsong4uさんと同じで3番に一票!
親の気持ちはみんな一緒かな?子供の喜ぶ顔が嬉しいんですよね!
by mutumin (2017-08-07 05:46) 

song4u

■mutuminさん
 どれもいいよね~♪
 でも、その中でも3番、断然いいでしょう?(笑)
 これね、どこがいいかって、親が座ってるところです。
 立って手をつないでるんなら駄目です。
 そんなんで息子の顔が見えるわけないからね。
 一緒に座って、目線を同じにしてるからこそ顔が見える。
 きっとmutuminさんも同じ思いなんじゃないかと
 いつものように勝手に解釈しました。
 悪しからず^^;
by song4u (2017-08-07 08:42) 

hana2017

おはようございます。
そしてsong様へ、暑中お見舞い申し上げます。
関東でも先週末から、ようやく8月らしさが、真夏の暑い日々が戻って参りました(^^;
私もどれも好き、一枚一枚のそれぞれが・・・それぞれの年代と言うか、状況を経てきているものの・・・やっぱり同じく3番で!
もしも自分が過去に戻れるとしたらと考えた時、今さら勉強や恋愛は面倒だから、戻るとしたら30歳くらいが良いな♪
まだ子育ての最中ながら、今思えば・・・若くてあの頃はまだ未来があったはず。
専業主婦に関わらず、仕事一筋で寝に帰ってくるだけであった夫。そうした事も関係して、って言うか子育てをサボって、子供を一人しかもたない生き方を選んでしまった私達ながら。。
そして息子から見たら、一日中怒ってばかりの母親であったかもしれませんけれど。
何時も目のあたりにしている、娘に甘く可愛がっている息子の様子。この先はどうなるかわからないけど、ママには言えない事もパパには許されると甘えている孫娘、そんな親子の絆の強さを見るにつけ、私達の子育てもまんざら間違っていなかったのではないか・・なーんて。

ポスターに描かれている父と子の絵柄、以前なら当然であったこうした光景とかけ離れた日々を送っている子供も少なくない現代。
ポスター一枚からも、色々な事を考えさせられました。
人混みは苦手だから、花火大会へは当然行っていません。でもたまにはドーンと打ち上がった大きな花火、良いものですよね。
観に行きたいなぁ~~♪
by hana2017 (2017-08-07 10:06) 

ちんぐるま

海と空と、ふたりの間にか~ いいね~
私は7発目でした 手を思い切り握り返されましたネ。
今の奥様じゃないけど…
by ちんぐるま (2017-08-07 11:03) 

まつき

おぉ~可愛らしいポスターですね♪
でも、残念ながら1つも共感できる境遇にあらず・・・( ̄▽ ̄;)
花火大会は15~6年前に行ったのが最後かな?
人混みが面倒なので、もう2度と行かないかと思われます(^^;
by まつき (2017-08-07 11:29) 

don

song4uさん、こんにちは~
今日は台風で、業務に支障のない人は帰っていいと。
とはいえこんな時間に帰るのも。

夕方は飲みの約束もあるし。
ということで会社に居残ります^^

ぼくは1枚目がいいです。
青春っていいですよね!

呉は仕事の関係でよく行き、何度かあの辺で飲みました。
なんていうか、呉にかぎらず、瀬戸内はやっぱり豊かなんですよね。

男がのびのびしてるというか。
麻雀でもゴルフでも、なんでもレートが高くて(笑)。
あのへんに赴任すると、小遣いがナンボあっても足らへんと。

カラオケでも釣りでも、
なんでもバクチにしてしまう人たちが、多かったです。
大らかで豊か。そんな印象があります。

by don (2017-08-07 12:43) 

caveruna

土曜日、花火見れなくてふてくされたcaverunaです(苦笑)
大きい花火大会じゃなくていいから、見たい!
by caveruna (2017-08-07 17:36) 

olived

ポスター 私は一枚目が微笑ましい感じで好きです。
うちでは、家の二階の窓からちらほら見える小規模の花火をみるだけでシーズンが終わりというパターンが多いです。でも今年は地元の花火をちょっと歩いて開けたところに一人で見に行ってきました。ちょっとでも近くで見たくて。
by olived (2017-08-07 18:45) 

song4u

■hanaさん
 お暑うございます。
 こちら北部九州では、ずーっと暑い夏が続いております。
 関東はこれまでが冷夏だったと思いますが、やっぱり夏は
 暑くないと色々と多方面に面白くないことが起こります。
 でも、昔はこんなイヤラシイ暑さだったかなあ?
 もうちょっと真っ当な暑さだったような気がするんだけど。

 で、3番ですか?
 やったー、3番仲間だあ~♪
 しかし「今さら勉強や恋愛は面倒」って本当ですか?!
 ぼくはまったくそんなことはありませんよ。
 戻れるんなら勉強も恋愛もバリバリの高校生ぐらいだなあ。
 でも、戻っても、意外に大きく変わらないような気もする。
 駄目なものは何度やったって駄目かもしれません(涙)

 >一日中怒ってばかりの母親であったかもしれません

 この反省、普遍的とは言えないまでも、多くの母親の胸中に
 共通して棲息しているようですよ(当社調べ)
 やっぱり何だかんだ言っても母親は大変だと思います。
 決して媚を売るわけじゃないけど、本当にそう思いますよ。
 だからね、父親は母親には金輪際勝てないのです。
 文字通り、自分の分身だからね。勝てっこないのです。

 上手くコメント返信できていません。
 なかなか内容のあるコメントをいただいていながら、
 何だか歯がゆい思いだなあ。

 最後にひとつだけ。
 「戻れれば30歳ぐらいに」ということは、30歳までは
 大体納得の人生だったということに近似でしょう。
 これは素晴らしいことだと思うと同時に、自分には何が
 足りなかったのだろう・・と考えてしまいました。
 ま、きっと何もかもが不足気味なんだろうけどね^^;
by song4u (2017-08-07 21:41) 

song4u

■ちんぐるまさん
 駄目ですよ、作り話しちゃあ。
 チンさまのことだから、1発目が上がる前から握ろうと
 してたに決まってると思います!
 7発目では、図々しくもチューなどを画策したのでは?
 ほ~らね、図星でしょ?(てへっ)

■まつきさん
 最後の花火大会、15~6年前ですか。
 ひょっとしたら、ぼくもそれに近いかもしれないなあ。
 東京の人の多さは本当に可哀想なぐらいだけど、
 地方は地方で、クルマの大渋滞がもれなく付いて来ます。
 違う意味でこれも大ストレスなんだよね。
 台風接近で昨夜の花火は軒並み延期になりました。
 まだまだチャンスあり♪

■donさん
 こんな時に呑みですか・・
 電車、止まったりしないですか、大丈夫?
 なんてことを今頃言っても、もう遅いよね。
 きっとまだグタグタやってる最中だろうなあ。
 早く帰ったほうがいいよー(大きなお世話^^;)

 意外!!
 donさんが1枚目って言うなんて!!
 うーむ、ぼくもまだまだ未熟だと改めて思った次第。

 呉にはぼくもよく通いました。
 ぼくが足繁く通ってたのは、まだ駅前の阪急ホテルも
 なかった頃でした。
 呑み屋さんは本通りと川の間のエリアに行ってました。
 最初にビックリしたのは、幼稚園に上がるかどうかの
 ちびっ子が「わしゃのう」と発した時です。
 あの衝撃は今でも忘れられません(笑)

 大らかで豊か・・うん、そうですね。
 地域性って、確かにありますよね。
 例えば、山陰と山陽とでは真反対のイメージ。
 山陰は厳しい修行僧、山陽は・・(以下自主規制^^;)

■caverunaさん
 花火見れなくてふてくされてた・・?
 知ってま~す!!(笑)
 花火大会も初詣と同じで、そこそこの規模がいいよ。
 評判の花火大会だと、行きも帰りも大変ですから。
 ・・なんて偉そうに言うほど行ってませんけど^^;

■olivedさん
 おお、1枚目ですか!
 やっぱり一番人気なんですね、これが。
 今の時代、ぼくなんかには分からないこともかなり
 多いですが、こういうものに「好き」と反応する人が
 多いというのは、安心材料のひとつですね。
 花火の本当の大迫力は、近くで見てこそです。
 遠くで眺める花火は「ああ、綺麗だね~」ですが、
 近くで見上げる花火は「おお、すごいっ!!」ですから。
 せっかくだったら近くで、ね?(笑)
by song4u (2017-08-07 22:38) 

ようこせんせい

おはようございます( ◠‿◠ )
どれもいいですね~
でもやっぱ 3番かな!

song4uさんの記事で いろんな人が、
それぞれの思い出に暫し浸れるって・・・
song4uさんのこの記事が一番かな?((´∀`))
私も自分が子供の時のシーン 結婚してから・・・
おなかが大きい時は実家の2階から・・・
子供が出来てからは・・・と(^^♪ 
残念ながら、この花火大会は今はもうないんです
by ようこせんせい (2017-08-08 10:05) 

hana2017

30くらいまでは大体納得の人生だったなんて、トンデモナイです!
「今さら勉強や恋愛は面倒」って言ったのは、カッコつけてみただけ。
だって勉強嫌いで、全くしないのだから成績だって良い訳ない。進学、就職と、挫折だらけの人生でした。
その上、この美貌?男性にだってあまりご縁があった訳でも・・・(^^:
今にしても大病で倒れ、その後人口骨頭の置換手術までしているこの身体。
退院の時は、これからどのようにしたら良いのか?途方にくれたものでしたが。。あれから10年間不自由な身でもそれなりに生きて、本を読み、音楽を聴き、映画館へも出かけて・・・人生楽しんでいます。
世間的には大した事ないけど、結婚する相手を見極める目はあったのかもしれません^^
誰のでもない自分の一生、悔いのないよう生きて、最後は笑ってやる!
これからどうなるかは誰にもわからないけれど、少なくても今はそのように希望をもって、前向きに日々を過ごしているのですよ。
by hana2017 (2017-08-08 14:08) 

song4u

■ようこせんせい
 こんばんは~♪
 3番へのご賛同、誠にありがとうございます^^;
 花火って、皆さんそれぞれに大切に仕舞ってる場面をお持ちだ
 ということが、よーく分かりました。
 いやあホント、色々と勉強になりますね。(オレだけ?笑)
 
 >この花火大会は今はもうないんです

 ぼくたちが子供の頃は、クルマなんてどこの家庭にもないし、
 バスに乗ることだってそんなに頻繁じゃありませんでしたから、
 どこへ行くにも基本は歩きでした。大濠公園の花火大会も
 百道の花火大会も、歩いて行くことに何の疑いもなかった。
 悪ガキたちはみんな、半ズボンにランニングシャツだったなあ。
 ああ、何だか徐々に蘇って来ましたよ、半世紀前が!(笑)

■hanaさん
 進学、就職と、挫折だらけの人生?!
 ブログから窺い知るhanaさんからはまったく想像が出来ません。
 hanaさんにそんな昔があったなんて、まったく思わなかった。

 ぼくが知ってるhanaさんは、病に倒れても不屈の闘志で再起。
 無論、ハナっからそんな強さを備えていたはずはありませんよね。
 気持ちが荒れたことも当然あったでしょう、人間って弱いから。
 だけど今はどうですか?
 できないことを嘆くより、できることの最大化を目指そうという
 強い気持ちを感じます。一朝一夕じゃなかったと思います。
 配偶者に恵まれた、というのも確かに理由のひとつかもしれない。
 でも、それですべてを説明できるはずもありませんよね。
 人間、苦労が実になる人と、そうでない人の二通りがあるとしたら
 hanaさんの場合は明らかに前者という気がしていますよ。
 あ、いかん。ちょっとホメすぎだ!!(笑)

 誰のものでもない自分の人生、そしてたった一度きりの人生。
 どうやったって失敗は付き物だし、間違いはいつも起こる。
 だけど、それもこれも全部ひっくるめて人生ってヤツだからね。
 ぼくはそういうhanaさんの意見に全面的に賛同するものです!

 ああ、前回よりも少しは気持ちを表せたような気がするナ。
 そこそこ嬉しくて、ちょっとだけホッとしたかも♪
by song4u (2017-08-08 21:08) 

まき

☆ネットでは大評判だったのですね。。。恥ずかしながら全然知りませんでした(*^。^*)
3つとも、いいですねぇ!心がホッコリ温まります♪
文章だけではなく、絵や色合いもいいです!
そりゃ~評判になるでしょう ♡

花火は今年も見る予定がなく残念です(≧◇≦)なかなか予定が合わないんですよねぇ。
今年も、ソネブロの皆様の写真を拝見させていただこぅ♪
外出して、浴衣でおでかけされている人を見ると羨ましく思います。
来年こそは!と楽しみにしておくとします(●^o^●)


by まき (2017-08-08 23:47) 

みかん

song4u殿、こんばんは^^

ほんとに、今日は今年最高!ということで
川崎市は37℃でしたΣ(・ω・ノ)ノ!

昔は、祖母の家に夏休みに行った時の記憶では
30℃過ぎぐらいでも、暑いね!って言っていたような気がします。
品川駅は、まるでお風呂状態で~す☆☆

どのポスターも素敵ですね。
色んな機器や情報が進化しても、人間の持っている
善きものは不変な気がして、嬉しくなります。
わたしは1枚目でしょうか~。 可愛いですね^^
by みかん (2017-08-09 18:22) 

song4u

■まきさん
 大評判だったようですよ、ぼくも教えてもらったんですけどね。
 で、3つともいいでしょ? 何しろぼくが選んだんだから!(笑)
 でもね、ぼくが一番好きな3番、どうしてパーカー着てるの?
 と思ってしまいました。まあ細かい話なんですが^^;

 花火大会、なかなか行けないですよね~。
 後になって昨日だった、なんて聞いたりすることも多くてね。
 だけど、女性が浴衣姿でアップしてる髪なんかを見ると、いいなあ
 なんてね、花火とはまったく関係ありませんが(笑)
 来年は是非行ってくださいね、花火大会!
 浴衣&髪はアップでネ~♪(←大きなお世話じゃ^^;)

■みかん君
 37℃!!!
 昔はそんな気温、無かったとは言わないけど、ごく稀だったと
 思いますよ。それが近頃じゃ稀じゃないモンね。
 言いたかないけど・・・あ、やっぱりやめた。言うのやめマス(笑)

 品川駅、もう慣れましたか?
 ぼくの数少ない心の拠り所だった公園喫煙所には行ってみた?
 あの公園にはね、木がたくさん植わってるんですが、妙チクリン
 なのは、その木々にムシが全然いないんですよ。
 つまり・・すごく人工的な匂いがするのです。
 よくないよね。きっとよくないことだと思いますよ、そんなの。

 そうかあ、みかん君も1番なんですね。
 こういうものを「すきっ!」って言ってくれる人がいる限り、
 世の中は捨てたモンじゃないと思います。
 善きものは不変ですよ。当たり前じゃないですか!^^;
by song4u (2017-08-09 22:10) 

engrid

品のない蒸し暑さ、そうそうそうなの、なんてぴったりなの
と、手をうちました、、嫌なのよね、、お暑うございます、なんて言って、挨拶してられないものね、あち”ーですものね。
ポスター、いいな。私も三枚目、、ほのぼのした幸せ。
三枚揃って物語を、ドラマチックでもなんでないけど、でも二人には
ドラマなの、そんな感じ

by engrid (2017-08-10 00:24) 

song4u

■engridさん
 こんばんは♪
 世間はお盆休みに入りましたね。
 今日は大阪出張だったのですが、行きはほぼ日本人(アジア系)
 の容姿に見えた(けれど違うのかな?)英米語の使い手。
 そして帰りは3歳ぐらいの可愛い女の子を連れた、凄く控え目な
 若夫婦が隣人でした。
 福岡も大阪も暑いし、その暑さたるや不快指数いっぱいだけど
 何だか今日は心なしか気分が和みました。
 イライラすることも多いのに、こんなこと、ちょっと珍しいかも♪

 engridさんも3番推しですか?!
 いやあ嬉しいなあ、ホント嬉しいです。
 1番も2番も3番も、何と言うのか、共通項がありますよね。
 でも、それを言葉にした瞬間、玉手箱を開けるに等しいというか。
 勿体ぶるわけじゃないけど、ぼくはそんな気がするんですよね。
 全然ドラマチックじゃありませんよね。その反対かなあ?
 でも得難いです。すごく得難い。
 engridさん、ありがとう♪
by song4u (2017-08-10 23:19) 

yoriko

どのポスターも目を引く色使いとキャッチコピーですね
私は一枚目のピンクがお気に入りです^^
今の時代にはちょっと時代遅れのカップルかと思いきや
支持されているのですからsongさんが書いていらっしゃるように
なんか嬉しくなりますね。

2枚目のポスター
男子は言わないですよね
心の中は見えないのだから言葉に出さなくっちゃ解らないと思うのに
言わない
シャイって言えばシャイなんでしょうが人間は話せる特権を持っているのですから相手に伝えましょうよ〜
スイマセン熱く語ってしまいました^^;

3枚目のポスター
父親の愛情が伝わってきてほのぼのしてしまいました
親にとって子供は何者にも代え難い宝物ですね
親になってみて良く解りました。

ちあきなおみの黄昏れビギン
大好きで車の中でいつも聞いています
彼女の声質にとてもあった曲でしみじみとしてしまいます
菅原洋一も唄っているのですが唄い方や声質で雰囲気が違うものですね。




by yoriko (2017-08-11 22:34) 

song4u

■yorikoさま
 1番のポスター。
 先輩もこの1番推しなんですか!
 ピンクだからお気に入りってワケじゃないですよね?
 手を握りたいけど、きっかけがなくて握れずにいるのが
 やっぱりどことなく気になる・・そういうことなのかなあ?

 2番のポスター。
 先輩を前にナマを言うのも気が引けるのですが・・
 確かに人間は「話せる特権」を持ってはいるのですが、
 その前にもっと卓越した能力「以心伝心」を備えているので
 ございます。曰く「目はクチほどにモノを言う」。
 憶えてるけど言わねえ。
 分かってるけど言わねえ。
 想ってるけど言わねえ。
 男の大多数はこんな風です。
 不器用、無愛想、無神経・・・あいすいません、先輩!

 3番のポスター。
 このポスターはね、本当に細かいところに気を配ってますよ。
 その中でも大きくは以下の2点です。
 ・座ってるところ
 ・腰に手を回してるところ
 座して子供目線というのが、何とも言えず気持ちが出ています。
 自然こうなってしまうと言うか、いつもこうありたいと言うか。
 そして、手は肩ではないんです、腰なんですよね。
 もうね、何をか言わんや。子供への気持ちがストレートに
 出ている気がします。その気持ち、すごくよく分かる。

 あ、すいません。
 人生の先輩に偉そうに語ってしまいました。
 でも、きっと笑ってお許しいただけるものと思います。

 PS:
 『黄昏のビギン』は、曲調だけを言うならば、ややもすれば
 焦点の定まらないボンヤリした印象が無きにしも非ずなのですが、
 これに無類の歌唱力が加わるや途端に豹変すると申しますか、
 天下無敵の魔力を有するが如き様相に転じますよね。
 しかし、先輩がクルマの中で愛聴されているとは!
 ちあきさん、カムバックされればいいのになあ♪
by song4u (2017-08-11 23:53) 

gardenwalker

こんばんは
どれも素敵なポスターですね
私もしばらく花火大会行ってないです
ドライブの途中でよく花火大会に遭遇しますが
やはり外で暑い中見るのがよさそうですね
by gardenwalker (2017-08-12 02:44) 

pooh

暑中お見舞い申し上げます(^_^)
花火大会のポスターは、どれも素敵な言葉が添えられ心が和みます。昨夜は花火大会に出かけてきました!人混みをさけて会場から少し離れたところでゆっくりと鑑賞しました。毎年、1つくらいは見に行きたいと思っています。

呉に出張されていたことがあるのですね!ずい分前ですが、呉市に住んでいた友人宅へ2泊したことがあり、周辺を色々と案内してくれました。当時は呉ポートピア?という施設があり、乗り物にのった覚えが。呉と聞いて、とても懐かしくなりました。
by pooh (2017-08-12 08:10) 

きんれん花

素敵な作品ですね
ポスターから昔を思い ほんわかとさせてもらっています
生まれて初めての花火大会は今は亡き叔母に連れられて行ったのを忘れたことはありません 叔母が恋愛中の叔父と私を連れて行ってくれました
二人にあいだに花火は必要不可欠なものなのですね

by きんれん花 (2017-08-12 15:25) 

song4u

■gardenwalkerさん
 こんばんは!
 そうですか、gardenwalkerさんも行かれてませんか。
 そういう人って、恐らく多いんじゃないでしょうかね?
 だから最近、中止になる花火大会が増えてると聞きますよ。
 見る人が減る→協賛社が減る→資金難→花火大会中止

 昔は「納涼花火大会」なんて言ったモンですよね。
 何がどう納涼なんだか、よく分かりませんが(笑)。
 クルマの中だったら確かに納涼度は高いかもしれませんが、
 やっぱり砂浜とか、湖畔とか、川の土手とか。
 花火ってそうじゃなきゃね♪

■poohさん
 お暑うございます!
 でも今夜は心なしか、やや涼しくありませんか?
 まだお盆前の一番暑い時期なのに、ちょっと調子狂うなァ。
 毎年ひとつくらいは花火を鑑賞?
 うわあ、さすがだなあ。poohさんの文化人度は本当に高くて
 スマート。決してお世辞じゃありませんよ。

 呉ポートピア。
 行ったことはないのですが、呉線の駅名で存じております。
 呉よりも5つぐらい手前じゃなかったでしょうか。
 電車の車窓から海側に遊園地が見えてましたよね。
 テーマパークが流行した頃に出来たような記憶があります。
 確か10年持たずに閉園になってしまったと思いますが。

 呉と言えば、呉より2つぐらい先の広の駅前にあるポパイという
 お店の「肉玉ライス」は召し上がったでしょうか?
 ぼくが頻繁に呉に通ってた頃には全然話題に上らなかったので
 まったく知らないんですよね。
 ところが最近では、呉のB級グルメと言えば必ず登場するようで。
 とは言え、高齢者にはちょっと厳しい種類の食べ物のようで。
 知らなくてラッキーだったかも?(笑)

■きんれん花さん
 こんばんは~♪
 素敵な作品ですよねえ。
 ぼくの持っている呉のイメージとはまったく違っていて、
 今更ながら、自分の貧困な感性を恥じているところです。
 やっぱり、100のうちの60ぐらいを提示してくれて、
 残りの40ぐらいは各人の思いに委ねるというやり方がいいなァ、
 そういう気がしています。

 初めての花火大会は、幼稚園にまだ上がっていなかった頃
 だったと思います。花火自体はまったく記憶がないのですが、
 帰りの道すがら、母にオンブされて帰ったことだけは鮮明に
 憶えています。
 不思議なのは、この記憶と「喜びも悲しみも幾歳月」の主題歌
 とがセットで記憶されていることです。
 一体どういうことなのか、今となっては永遠の謎ですが。
by song4u (2017-08-12 22:16) 

yakko

こんにちは。
コメントが入りません(;_;)
by yakko (2017-08-13 11:06) 

yakko

こんにちは。
何回やってもコメントが入りませんでしたがやっと入りました(*^^)v
暑中見舞い申し上げます(_ _) 暑いので籠もっています・・・
by yakko (2017-08-13 11:11) 

はなだ雲

地元の花火大会って
年代なりの夏の思い出があれこれ詰まってて
なんか特別ですね^^
わたしは2枚目の海に映った花火の絵が好きだなぁ
by はなだ雲 (2017-08-13 13:45) 

song4u

■yakkoさん
 こんばんは♪
 コメントが入りませんでしたか。
 この頃、何だかソネさんも不調が多いですものねえ。
 何度も入力いただいたようで申し訳ありませんでした。

 さて、近頃は日中の暑さが尋常ではないので、
 ジョグもウォークも日陰が多くなる17時以降です。
 昨日今日は比較的涼しくて助かりましたが、それまでは
 本当に酷かったですからね。
 自宅にお籠もり・・大正解だと思います!!

■はなだ雲さん
 雲ちゃん、こんばんは。
 さすがはハイブリッドレジャーランドですね。
 その名に恥じぬ大花火大会まであるなんて、すご~い!

 初めての2番推し~♪
 これまで皆さん、1番か3番だったように思います。
 2番に手を挙げたの、雲ちゃんだけだと思う。きっと。
 だけどさすがは雲ちゃん、海に映った花火の絵に着目。
 切り絵みたいですよね、これ。
 よくよく見ると、切り絵でも何でもないのは一目瞭然ですが
 パッと見、何となく切り絵みたいな不思議な絵に見えます。
 ぼくの目がヘンなのでしょうか?(笑)
by song4u (2017-08-13 21:12) 

NO14Ruggerman

イラストも含めて断然1です。
またも「博多っ子純情」を思い起こしました。
部活に明け暮れた自分にとって1は憧憬です。
by NO14Ruggerman (2017-08-14 13:02) 

song4u

■ラガーさん
 短い三行のコメントだけど、主張は明確でビンビン来ますね!
 そうですか、断然1番ですか。一番人気、固いですかね?!

 コピーはどれも素晴らしいと思うのですが、イラストについては
 1番作品にはやや個人的な意見があります。
 2番も3番もシルエットでも判断ができますが、唯一、1番だけは
 シルエットだけでは判断が難しい。分かり易く言えば、女性が
 逞しすぎるのではないでしょうか。
 女性蔑視というワケではありませんよ、決してね。

 明日は終戦記念日関連の記事、その次も内定記事があるのですが、
 いつかは「博多っ子純情とラガーさん♪」・・みたいなタイトルで
 記事を書きたいと思っています。
 今年中にはなんとか^^;
by song4u (2017-08-14 22:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。