So-net無料ブログ作成

「黄昏のビギン」な夜 [音楽]

『黄昏のビギン』という名の昭和ド真ん中の曲をご存知でしょうか。
元々は1959年に発売された、水原弘のシングルB面の曲だったんだそうです。
もしそれで終わっていれば、多くの人がこの曲に出会わず仕舞だったと思います。

それから30年以上経った1991年、ちあきなおみさんがカバーしてCMに使われた。
それ以降はもうご存知の通りでしょう。名だたる大御所から気鋭の若手まで、
実に20人近くもの歌手が次々にカバーし、増殖はまだ続いているようです。

ぼくもはじめて聴いたのは何かのCMだったようなおぼろげな記憶がありますが、
今や有名になったこの曲には、数々の興味深いエピソードがあるようです。

最初はクレジットの通り、六八コンビ(永六輔作詞、中村八大作曲)で出来上がり、
水原さんのシングルB面曲になる前に、当時流行の先端だったロカビリー映画の
挿入歌として、現在の詞とは違うものが一度だけ使われている・・・とか。

映画で使われた後、なぜか八大さんが詞を全面的に書き直しており、現在の曲は
名実ともに作詞作曲中村八大の作品なのだが、どういうわけか八大さんの意向で
六八コンビのクレジットのままで今日に至っている・・・とか。

いずれにせよ、見るからに絶世の美女っ!というわけでもないのに、何だか妙に
心の奥底を占領される、不思議な魅力に包まれた麗人の如しと申しましょうか。
ひとことでは極めて表現しづらい、なかなか味わい深い曲だと思います。

『黄昏のビギン』



ちょうど1週間前の先週の土曜、22日のことです。
昔の同僚であるN君主催、故にN君の名前が冠された会が催されました。
参加メンバーは総勢20人ぐらいだったでしょうか。

「従来は居酒屋で開催していたのだが、今回は小さなライブハウスでやりたい。
 ついては〇ちゃん(ぼくの名前)参加なら、是非とも弾き語りを披露してほしい」

・・と、誠にありがた~いご依頼だったのですが、今は右手の小指が痛いのです。
それゆえ練習もロクにできないので、今回は聴衆としてのみの参加となりました。
もし次回があれば、その時は・・(なんて思わせぶりなことは言わないの!笑)

N君は何を隠そう趣味のバンドマン、それも現役バリバリであります。
彼の知己によりライブハウスのオーナー夫人(音楽教室のピアノの先生)や
北九州を中心に活動されているミュージシャンなどがご好意で参加されており、
それぞれ数曲ずつを聴かせてくれました。
そんな中、突然出てきてびっくりさせられたのが・・・

♪『黄昏のビギン』
③感動しました「黄昏のビギン」.jpg
(小倉・門司で活動中のミュージシャン Acoustic Duo cocoMaicoさん)

この曲をナマ歌で、ぼくははじめて聴きました。
楽器の音と人間の声だけというのは、カラオケ歌唱とは明らかに一線を画します。
うわー、こりゃすごい!! そう感じた瞬間、背筋には大電流が流れました。

マイク乗りのいい女性ボーカル、何とも言えず素敵です。
昭和の情感と言うのか、落ち着きと言うのか、艶っぽさと言うのか。
そして、ある時はパーカッションのひと味まで出しつつ控え目にバックを務める
このギターワークとの絶妙なマッチングとも、当然、無縁ではありません。
さすがはアコースティック・デュオと名乗るだけのことはあります。

最後に当日の様子の断片を、記録として貼り付けたいと思います。
(IさんやSさんの熱演は撮り損ねてしまいました。誠に申し訳ございません)

やっぱり音楽はいいなあ。生ギターもいい。いやあ、酔いますねえ。
その上、まさかナマ歌の『黄昏のビギン』が聴けるとは思わなかった。
N君、最高の夜をありがとう♪

--------------------
■7/30/2017 追記
本文で書くつもりがコロッと忘れておりましたので追記します。
『黄昏のビギン』の“ビギン”について。
これね、“bigin” ではなく“biguine”なんです。
つい身体が動いてしまう(笑)、2拍子系のシンコペーションですね。
以下、日本大百科全書(ニッポニカ)の解説が分かりやすいので引用します。

(引用ここから)
ビギン
びぎん
beguine
カリブ海の西インド諸島に位置するマルティニーク島、グアドループ島
(現在ともにフランス領)に伝わる黒人系の舞曲。
軽快な2拍子で、後打ちのリズムに特色がある。またサクソフォーンなどの
管楽器も多用される。アメリカの作詞作曲家コール・ポーターのミュージカル
『ジュビリー』(1935初演)のなかで歌われる、ビギンのリズムを使用した曲
『ビギン・ザ・ビギン』Begin the Beguineが大ヒットしたことにより、
世界中に知られるようになった。
なお、1982年に同曲がスペイン人歌手のフリオ・イグレシアスJulio Iglesias
(1943― )によってリバイバルされ、ふたたびビギンが注目された。
[田井竜一]
(引用ここまで)
--------------------

①さすがです音楽教室先生の弾き語り.jpg②O君伴奏によるO君令嬢のsweet memories.jpg
さすがです音楽教室先生の弾き語り   O君伴奏によるO君令嬢のsweet memories

④A君による陶酔のJazzボーカル.jpg⑤音楽教室Rさんの飛び入り.jpg
A君による自己陶酔のJazzボーカル    音楽教室Rさんの飛び入り

⑥主催者N君、カッコ良すぎる現役バンドマン.jpg⑦最後はピアノも入って大盛り上がり.jpg
主催者N君、カッコいい現役バンドマン  最後はピアノも入って大盛り上がり

(於 西小倉 Kate Music Cafe)
nice!(40)  コメント(17) 
共通テーマ:blog

nice! 40

コメント 17

mutumin

題名言われた時、知らな~い!と思ったけど、歌聞いたら「聞いたことある!」と・・・
ちあきなおみ、良い雰囲気ありますよね!
やっぱり生歌、生演奏は素晴らしい。。。
by mutumin (2017-07-30 08:13) 

ちんぐるま

素晴らしい、お仲間でうらやましい。
私の瞳にも星影が移ってるんでしょうね~ (^^♪ ウツッテナイ?
by ちんぐるま (2017-07-30 08:21) 

NO14Ruggerman

<黄昏のビギン>確かにタイトルではピンと来なかったけど
動画を視聴したら「ああこれか!」でした(笑)
スポーツでも音楽でもLIVEは動画などと比較しても
別次元の迫力や感動が享受できますよね。
それにしても「ちあきなおみ」さん、1度でいいから
復活してほしいです。
by NO14Ruggerman (2017-07-30 10:51) 

mwainfo

ブログタイトルにふさわしい記事ですね。水原弘も中村八大さんも、裕次郎と同様、豪快にお酒をたしなみ、きらめく人生を見せてくれました。
by mwainfo (2017-07-30 11:39) 

まつき

黄昏のビギン、教祖様が番組でカバーしたから知ってます(^^)v
楽しい時間を過ごせて良かったですね!(^^)!
主催N氏の企画あってこそですもん! 素晴らしいお仲間ですね♪
by まつき (2017-07-30 11:46) 

song4u

皆さま、こんにちは。
今日も暑い福岡、セミ君が朝からモリモリ元気です。

ところで、『黄昏のビギン』の“ビギン”について。
これね、すぐに思い浮かぶ“bigin” ではなく“biguine”なんです。
本文に書くつもりがコロッと忘れておりまして、
先程、最後のほうに追記しておきました。
もし良ければ、ご一読ください。

■mutuminさま
 mutuminちゃんの場合、三浦トリオの現役敏腕プロモーター
 だからね! ああいうセッションというのは手軽に聴けそうで、
 実はなかなか聴けないもののひとつではないでしょうか。
 いくら素晴らしい楽器があっても、それを演奏するプレーヤーが
 いてこそ。どんなに素敵な曲があっても、それを歌うシンガーが
 いてこそですからね。
 人間の能力って、どこまで高まって行くんでしょうかね?
 ケイオン(軽音楽)、もっともっと拡がって欲しいなあ。

■ちんぐるまさま
 チンさまのウクレレ教室も素晴らしいと思いますけど♪
 なんてね、こうやって死ぬまで相互に褒め合っていい気持ちに
 なっていれば、極楽浄土は約束されたも同然ではないでしょうか?
 え? 違う?! どして?^^;

 チンさまの瞳に映る星影ですか?
 うーん、考えたこと無かったかもしれません。
 今度ジックリと覗き込んで確認してみますっ!!

■ラガーさま
 楽曲って、結構そうなんですよね。
 聴いたことはあるけど曲名までは知らない・・多いですね!
 でもね、この曲だけは憶えといて損はないですよ。
 もしも雰囲気で曲を分ける音楽棚があったとしたら、
 陽水の『いっそセレナーデ』と同じ棚に仕舞うと思います。

 ちあきなおみさん、トンでもなく勿体ないですよね。
 だけど、もう彼女が表舞台に立つことはない気がします。
 残念ですよね、十分通用するどころか、一番脂が乗っているで
 あろう時期を、自らの意志で放棄してしまいましたから。
 復刻版などのCDの売れ行き、相変わらずだそうですよ。
 分かる気がしますよねえ。

■mwainfoさま
 ありがとうございます。
 六輔さんや八大さん、いずみたくさんは大好きでした。
 八大さんやたくさんはもう随分前に、六輔さんも昨年でした
 でしょうか、鬼籍に入られてしまいましたよね。
 きらめく人生・・ホントですね。
 彼らの時代はキラ星のようだったと、今になってそう思います。
 当時は決してそういう風には感じなかったんですけどね。
 そう考えるとちょっと不思議な気もしますね。

■まつきさま
 おお、知ってましたか!(嬉しいねえ^^;)
 しかし教祖さまもさすがと言うか、やっぱりスゴイなあ。
 彼がこういう曲をピックアップするのって、どこかに躊躇が
 あるようにも思うんですけどね。尊敬するなあ、ホントに。

 でね、むちゃんこ楽しかったです♪
 19時前から22時過ぎまで、3時間半ぐらいだったかなあ、
 もう本当にアッという間でした。
 音楽って、やっぱり人間の本能の一部だと思いますね。
 適度な高揚感で血のめぐりも良くなり、健康にもまさに好適!
 まっちゃんもどう? ぼくとデュオとか?(爆)
by song4u (2017-07-30 13:26) 

はなだ雲

黄昏のビギン
はじめて聴きましたが、しみじみと胸にしみて
とてもいい曲ですね
これを生唄で聴いたらさぞ感動するでしょうとナットクしました♪
by はなだ雲 (2017-07-30 14:33) 

song4u

■はなだ雲さま
 雲ちゃんも、しっかりと昭和なんだと思います。
 だから、はじめてでも、ごくごく自然にすーっと心の中に
 取り込むことができるんじゃないかなあ。
 恐らくそうに違いないとぼくは睨んでますけどね。

 いい曲かどうか、普通、ぼくたちが選別してるように思うけど、
 実は、曲のほうに選別されてるんじゃないか?
 曲の前で立ち止まるかどうか、見られてるような気がします。
 立ち止まって聴きたいと思ったら、「曲の良さ」の扉を開ける・・
 まさかそんなことはないと思うけど、それに近いようなことが
 見えないところで起こってるような気がするんだよね。
 ま、きっといつもの思い過ごしに違いないと思うけど~♪
by song4u (2017-07-30 22:10) 

hana2017

おはようございます。
聴いたことあるなぁ~と思いましたら・・・ネスカフェ・プレジデントのCMで流れた曲だったのですね♪
水原弘さんは勿論覚えているものの、原曲がどう歌われたかは知りません。
ゆったりとしたしかし物語を綴るような歌唱は、まさにちあき節♪
歌詞を書いた永さん、曲の中村八大さん…と、皆さん良い仕事をしているわぁ~~
今時のただ若さで勝負!と言った歌謡界では絶対と言ってよい、無理な名曲に感じます。
「ビギン・ザ・ビギン」は当然わかります^^

生で聴く演奏は、やはり良いものですね。私ごとになりますが息子の結婚披露宴内、中盤に息子がサックス、ギターがおふたり、女性ヴォーカルに、(ドラムスの搬入が無理であった事から)カホンで数曲の生演奏を披露しましたが、盛り上がりましたもの!
親である私まで何となく誇らしい気持ちに、本人たちにはより良き想い出として残ったものと思います。
by hana2017 (2017-07-31 08:10) 

don

こんばんは~
いい歌ですよね。
これをジャズライブ?で歌われると、けっこうくるものがあると思う。
酒も入ってるでしょうしね。
やっぱ酒飲みながら聴くと、いいですよね。

お!演奏されるんですか。
とはいえグッとこらえたのは、素晴らしいです。
人間、つい前に出ちゃって、後悔することが多いので^^;
by don (2017-07-31 21:27) 

caveruna

楽しそうな演奏会!
こやって誘ってくれる人がいるといいですね♪
ちあきなおみ、私は、最近カラオケで「紅い花」をよく歌っています♪
by caveruna (2017-08-01 17:40) 

izumi

八大さんは歌詞も書かれてたんですか。
お葬式の時、スタッフとして働かせていただきましたが、
八大さんのピアノで名曲の数々が流れる中、
永さんと黒柳さんが駆け寄って号泣されていました。
この曲もあったかもしれません。
昭和の偉大な作曲家だな、としみじみ思いました。

永さんも亡くなってしまいましたが、
名曲は残りますね・・・
by izumi (2017-08-01 20:27) 

song4u

■hanaさま
 返信遅くなりました!
 昨日はね、別府市の例の「湯~園地」計画というヤツに行って
 太陽光線に長時間身を晒したため、すご~く疲れました。
 で、従来手法で疲れを癒しておりましたところ、呑みすぎました。
 学習能力に欠ける、いつものパターンでございます(笑)

 生演奏というのは、やっぱり何物にも代え難いですよね。
 息子さんも楽器を嗜まれるんですね。最近は息子さんのように
 ご自分の結婚式で歌や演奏を披露されるケースが増えていると
 聞いたことがあります。誇らしい気持ち、分かるなァ。

 PS
 本文にも書いたけど、この曲、作詞も作曲も八大さんなんです。
 最初は永さんが詞を書いたらしいけど、その後八大さんが全面的
 に書き直したらしいので、永さんはこの曲にはノータッチ。
 でも、最初のバージョンが永さんの作詞だったので、そのままで
 いいじゃん、めんどくさいし!ということになったらしい。
 さすが六八コンビだなあと妙に納得してしまう話ですよね(笑)

■donさま
 呑みながら聴くと、本来聴こえないハズの音が聴こえると言うか、
 シラフの時とはまったく違う感覚でなかなか楽しい♪
 例えば6枚写真の最後「ピアノも入って・・」で、手前のほうに
 写っているのは日本酒の冷や燗(ワインクーラーの日本酒版)です。
 主催者N君が密かに仕入れていた、自信満々地元の銘酒でした。
 いやあホント、N君段取り良すぎでしょ!(笑)

 右手の小指さえ痛くなければ、やっちゃってましたよ、きっと。
 そうでなくても呑んで気分は最高だし、止める要素がありません。
 こらえるしかなかっただけで、全然素晴らしくなんかありませんよ。
 こんな時こそ、みんなと最高の気分を共有しないとね!
 こういう場面で後悔側に気持ちを持って行かれるということは、
 心から楽しめていない証拠じゃないかなあ?
 ぼくはそんな風に思いますけどねえ。
 どうなんでしょうかね?^^;

■caverunaさま
 楽しくないわけがない、演奏会!!
 ・・・って違う違う(笑)
 いやいや、確かに違わないかもしれませんね。
 誘ってくれる人、ホントそうですよね。
 N君は1級下の中途採用入社で、社歴でいうとぼくの2ヶ月後輩。
 つまり、もう40年の付き合いということになります。
 考えてみれば、随分長い付き合いなんだなあ・・としみじみ。

 「紅い花」。
 ピンと来なかったから、つべで聴いてみました。
 いやあ、実にしっとりですねえ。
 ちあきさん、どうして辞めちゃったのかなあ?
 勿体ないにも程があるよね。

■izumiさま
 八大さん、少ないながら作詞もされてたらしいです。
 ぼくもちょっと驚きましたが、間違いないようですよ。
 だからでしょうか、八大さん、この曲は大のお気に入りであった
 とのことです。そういうことを聞くと嬉しいなあ♪
 しかしさすがにプロの作家さん、いい曲書きますよねえ。

 ご葬儀の時、スタッフとして・・そうだったんですか。
 八大さん、元はジャズピアニストのご出身ですもんね。
 ぼくは八大さんのプレイを実際にお聴きしたことはありませんが
 きっと見事なものだったんでしょうね。

 昭和の偉大な作家先生は数多くおられますが、ぼくにとって
 中村八大、いずみたく、筒美京平の三大作家は到底忘れることが
 出来ません。
 不世出という言葉がまさにピッタリという気がします。
by song4u (2017-08-01 22:15) 

engrid

ちあきなおみさん、いいですよね、
情感と言うか、ドラマを感じる歌唱かな
楽しい時間、過ごされましたのね
心が開放されて、ジワァ〜〜と広がって酔う、そんな感じでしょうか
生歌は特別、、アコースティック・ギターもいいな、、
by engrid (2017-08-02 15:56) 

song4u

■engridさま
 ちあきなおみさん、何とも言えない深みを感じますよね。
 なかなかこのレベルの歌い手さんはおられない?!

 しかしこの夜、数曲を聴かせてくれたミュージシャンの方、
 かなりお上手だと思いました。
 加えて、おじさん族としては選曲にもちょっと痺れました。
 ザ・昭和なんだモンなあ、もうイチコロですよ^^;
 なかなか責めどころを心得てる、小憎らしいほどでした♪

 生ギターがね、これがまた本当に最高でして。
 ちなみに、お値段のほうも最高でしたけど(百万両!驚)。
 ギタリストの方、色々お話ししていたら、ぼくと10歳違い
 ということが判明したのですが、何たって熱い!
 ミュージシャンたる者、かくあるべし!!
 ・・という感じでした。
 演奏以外にもいい話をたくさん聴けた素敵な夜でした。
by song4u (2017-08-02 23:10) 

まき

黄昏のビギン…わかりませんでしたが、貼り付けて下さっていた、ちあきなおみさんの歌を聴いて思い出しました〜聴いたことあります!
おっしゃるように、不思議と魅力的な歌ですね♪情景が目に浮かびます。

素敵なライブだったのですね!やっぱり音楽は生で聴くのがいいですね!
song4uさんが、ピアノをお弾きになれるとは!!歌も得意でいらっしゃるからニックネームにsongが入ってるのかなぁ?と妄想中。。。早く小指の痛みがとれて、弾き語りが おできになりますように!

最高の夜のおかげで、しっかり充電できていらっしゃるでしょうけど、暑いですので ご自愛くださいね!
by まき (2017-08-05 14:49) 

song4u

■まきさま
 不思議な魅力を持った曲ですよね、この曲。
 ちあきさんは、どういう経緯でこの曲と巡り逢ったのかなあ?
 30年以上も経っているB面曲ですからねえ。
 普通なら埋もれてしまってもまったく不思議じゃありません。
 だけど、何かの縁でちあきさんの知るところになり、
 レコード化にまで至るなんて、余程のことですからね。

 で、この曲をレコーディングされた翌年か翌々年ぐらいに
 ちあきさんのご主人が亡くなってしまい、喪に服されたまま
 自然消滅的に歌手生活にもピリオドを打たれてしまいました。
 残念ですよね、ここまで歌える人、そうそういないのに。
 加えて、この曲との出会いのエピソードも、今となっては
 黄昏の空の向こう側です。

 久しぶりに会う昔の仲間との呑み会をライブハウスでやる・・
 そう考えたN君の意図がどこにあったのか不明なのですが、
 こんな素敵な会になるなんて、全然考えていませんでした。
 幸運ってヤツは、いきなりやって来るんだなあ・・
 そう思いましたね、本当に。
 まきさんにも、いきなり幸運が訪れますように♪
by song4u (2017-08-05 23:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。